東京駅丸の内地下エリア、グランドオープン! 改札外に飲食店 画像 東京駅丸の内地下エリア、グランドオープン! 改札外に飲食店

インバウンド・地域活性

 JR東日本グループの鉄道会館がJR東京駅丸の内地下エリアで進めている商業施設整備事業(計55店舗、店舗面積約3600平方メートル)で、第4期エリア(約1250平方メートル)の9店舗が30日にオープンする。
 同事業では改札内で「グランスタ」の新エリア、改札外で新施設「グランスタ丸の内」を4期に分けて整備を進めてきた。改札内を中心とした第1期エリア(約1200平方メートル、23店舗)は昨年7月に、改札内外に21店舗が点在する第2期エリア(約1050平方メートル)は4月に、改札外の第3期エリア(約100平方メートル、2店舗)は6月に順次開業した。
 第4期エリアの9店舗はすべて改札外にあり、業態はレストランやベーカリーカフェ、デリ、グロサリーなどの飲食関係となる。
 28日には第4期施設が報道機関に公開された。鉄道会館の井上進社長は「今回の開業で段階的に開発を進めてきた商業空間がグランドオープンとなる。新たなにぎわい空間として、周辺施設とも連携しながら相乗効果を高めていきたい」と意気込みを語った。

鉄道会館/東京駅丸の内地下エリア商業施設整備/第4期エリア、8月30日オープン

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 20政令指定都市、18年度予算案/街づくりなど戦略的投資に積極的

    20政令指定都市、18年度予算案/街づくりなど戦略的投資に積極的

  2. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

    東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  3. 熊本駅ビル開発、多世代が利用できる商業施設へ/ファッション、映画、飲食

    熊本駅ビル開発、多世代が利用できる商業施設へ/ファッション、映画、飲食

  4. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  5. 相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

  6. 兵庫県小野市の新庁舎整備/低層階に窓口を配置、市民サービスを追求

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  8. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  9. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

  10. 岐阜県中津川市/リニア車両基地周辺、官民連携で新たなまちづくり

アクセスランキングをもっと見る

page top