東急建設、VRゲームテクノロジーを活用、事故を疑似体験 画像 東急建設、VRゲームテクノロジーを活用、事故を疑似体験

IT業務効率

 東急建設は24日、バンダイナムコスタジオの技術支援を受け、「VRゲームテクノロジーを活用した体験型安全衛生教育システム」を開発したと発表した。同システムは、体験者が仮想現実(VR)空間内でさまざまな事故の発生過程を疑似体験できる。事故が起きる原因を考え、発生防止のためどのように行動すればよいのかを学習させるのが狙い。
 一般的な安全衛生教育は、事故事例を用いた教本や映像などによる受動的な学習が主体だった。同システムでは、体験者がヘッドマウントディスプレーと手足にコントローラーを装着。VR空間の建設現場で実際に手足を動かす作業を行いながら安全対策を学習できる。
 同システムのコンテンツは、事故の主な原因となる「気付き忘れによるミス」「横着する」など不安全行動を誘発しやすい状況設定にし、事故を疑似体験させることを目的に制作した。疑似体験することで、事故発生につながる不安全行動を起こさないよう意識付けを行っていく。小型で持ち運びが可能なシステムのため、今後は、現場事務所の会議室などを使用し、現場で働く社員や、協力会社の関係者らを対象に安全教育の充実を図っていく考えだ。

東急建設/体験型安全衛生教育システム開発/VRを活用、事故を疑似体験

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 高砂熱学工業、現場関係者にアップルウォッチ導入/情報共有で業務効率化、健康管理も

    高砂熱学工業、現場関係者にアップルウォッチ導入/情報共有で業務効率化、健康管理も

  2. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  3. 【水産流通革命:1】多品種少量ニーズにITで応える

    【水産流通革命:1】多品種少量ニーズにITで応える

  4. サービス業のIT利用最前線!3 手元のスマホを“高機能・多言語メニュー”に

  5. 植物廃材でのバイオマスガス発電施設、整備拡充へ

  6. カナモトら3社、建機の人型操作ロボット開発! 危険地域でも作業可能に

  7. 外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

  8. ~AIで変わる経営:1~分析による裏付け、サイト内の集客増に

  9. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  10. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

アクセスランキングをもっと見る

page top