私立大学の地方創生、私大連盟加盟の72.3%が取り組む 画像 私立大学の地方創生、私大連盟加盟の72.3%が取り組む

インバウンド・地域活性

 日本私立大学連盟は8月21日、「多様で特色ある私立大学の地方創生の取組」をまとめてWebサイトで公表した。加盟大学の72.3%が地方創生に取り組んでおり、そのうち178事例を紹介している。

 6月9日に「まち・ひと・しごと創生基本方針2017」が閣議決定され、優れた地方大学の取組みに対して重点的に支援することが示された。これを受けて日本私立大学連盟は、地方創生に向けた取組みに関するアンケートを実施し、101大学(99法人)の有効回答を得て資料を取りまとめた。アンケート実施期間は6月19日~7月3日。

 東京・埼玉・千葉・神奈川・愛知・京都・大阪・兵庫の三大都市圏を除く地域における地方創生の取組みを実施している大学は72.3%にのぼる。取組内容は、「地域活性化のためのボランティア活動」が71.2%ともっとも多く、「地域産業の復興、地域課題解決」68.5%、「Uターン・Jターン・Iターンなどの就職支援」60.3%、「地域の社会人向け公開講座」60.3%などが続いた。

 アンケートの回答に寄せられた全178事例のうち、特色ある地方創生の取組みとして22事例の詳細な内容を紹介している。慶應義塾大学では、山形県鶴岡市に地域の新産業創設や県内企業との共同研究を推進する鶴岡タウンキャンパス「先端生命科学研究所」を設置。人工合成クモ糸の量産化に世界で初めて成功したSpiber社など大学発ベンチャー企業6社を輩出し、地域の新産業創出に貢献したという。

 また、立教大学の岩手県陸前高田市におけるサテライトキャンパスの設置や、法政大学と沖縄大学との学生交流協定による単位相互制度の実施、早稲田大学の地域人材の育成などの事例について、取組みの内容や工夫、成果を紹介している。

私大の地方創生、178事例を紹介…日本私立大学連盟

《工藤めぐみ》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

    入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  3. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  4. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  5. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  6. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  7. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  8. 羽田空港跡地第2ゾーン開発、計画概要を発表

  9. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  10. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top