神奈川県「CHO構想推進事業所」と、「企業対抗ウォーキングイベント」参加企業を募集! 画像 神奈川県「CHO構想推進事業所」と、「企業対抗ウォーキングイベント」参加企業を募集!

制度・ビジネスチャンス

 HANJO HANJOでもいくどとなく取り上げてきた、神奈川県が推進する「CHO(健康管理最高責任者)構想」。昨年度、県では会議やセミナーを開催するとともに、企業への個別訪問によりCHO構想の導入方法、導入効果などのノウハウをアドバイスする、CHO構想サポーターの派遣などを展開してきた。

 CHOのベースとなるのが「健康経営」だ。企業・団体が従業員やその家族の健康管理に取り組むことで、彼らの健康満足度を高めるとともに、生産性向上に結び付けようとする取り組みは、「ワークライフバランス」とともに、産業界だけでなく日本全体で大きく注目されている。

 東京証券取引所の上場企業から「健康経営銘柄」を選定する制度が始まってから今年で3年目。「健康経営優良法人認定制度」もスタートし、政府の閣議決定でも、健康・医療戦略において未病の考え方や取組みの重要性が組み込まれている。健康経営やCHO構想に対してまさに追い風が吹いている状況といえるだろう。

 神奈川県では、このCHO構想をさらに前進させるために、「CHO構想推進事業所」の登録を募集することとした。CHOを設置して健康経営に取り組む企業や団体の事業所を、「CHO構想推進事業所」として登録するという内容だ。

 また、9月からは「企業対抗ウォーキングイベント」も開催される。参加者はスマホを持って歩くだけ。という簡単なもの。参加企業ごとの平均歩数ランキングを毎週発表し、ランキング上位企業には、県から表彰状が贈呈される(記念写真なども県ホームページに掲載)。

 CHO構想をどこの地域よりも先駆けて実施してきた神奈川県、今回の新たな試みにも大きな注目が集まるだろう。

===

■「CHO構想推進事業所登録」概要

【登録のメリット】
・県から、登録証やステッカー、名刺に刷り込めるイメージロゴを配布します。
・県のホームページや事例集でCHO構想(健康経営)に取り組む事業所のお名前等を紹介します。
・企業や団体が、従業員の方の健康課題を把握できるよう、マイME-BYO(みびょう)カルテ*に入力された健診結果を、県内の他企業の傾向と比較できるように、分かりやすくグラフ化します。
・その他、従業員の健康づくりに活用できるウォーキングイベントなど、県や保険者から、CHO構想や健康増進に係る情報提供を行います。

* 日々の体重、血圧やお薬情報、健診結果などを一括で記録、管理できる、神奈川県が提供するアプリ。

【登録要件】
 ・県内に事業所が所在していること。
 ・その事業所にCHOを設置し、継続的に従業員とその御家族の方の健康づくりを実施して頂くこと。
 ・従業員とその御家族の方の「マイME-BYOカルテ」の利用を推進頂くこと。
 ・その他、「CHO構想推進事業所登録事業実施要綱」で定める登録要件を満たしていること。

【登録手続】
 ・登録を希望される方は、健康づくりの取組内容(取組予定も含む)などを記載した申請書を県に提出してください。登録は無料です。詳細については県HPを御覧ください。
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f532717/

===

■「企業対抗ウォーキングイベント」概要

【内容】
 ・マイME-BYOカルテをインストールしたスマホを持って歩くだけ。
 ・参加企業ごとの平均歩数ランキングを毎週県HPで公表します。
 ・ランキング上位企業には、県から表彰状を贈呈。
 ・従業員の健康づくりに、無料で気軽に取り組めます。

【実施期間】
 平成29年9月~12月
 (11月30日受付分まで途中参加可)

【参加条件】
 神奈川県内に事業所を有する企業、団体(従業員とその御家族)

 詳細については県HPを御覧ください。
 http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f532715/p1167703.html

===


width=
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 三井不動産が大規模物流施設事業を加速/年間400億円投資

    三井不動産が大規模物流施設事業を加速/年間400億円投資

  2. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

    国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  3. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  4. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  5. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  6. 国交省/民間施設同居で老朽公共施設の建替促進/民都機構の融資拡充、返済負担も軽減

  7. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  8. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  9. 成田空港会社がC滑走路新設、B滑走路延伸計画

  10. 鶴岡市と三川町の新ごみ焼却施設、DBO方式に

アクセスランキングをもっと見る

page top