リニア、最難関の「南アルプストンネル」工事現場を報道機関に公開 画像 リニア、最難関の「南アルプストンネル」工事現場を報道機関に公開

インバウンド・地域活性

 ◇施工は大成JV
 JR東海は23日、2027年の東京(品川)~名古屋間開業を目指して建設中のリニア中央新幹線のうち、最難関といわれる「南アルプストンネル」の工事現場を報道機関に公開した。トンネル坑内が公開されたのは、リニア全線を通して初めて。
 この日公開されたのは、大成建設・佐藤工業・錢高組JVが施工する「山梨工区」の掘削現場。16年10月に早川非常口(山梨県早川町)の掘削工事に着手。現在は斜坑から先進坑の掘削へと進んだところで、本年度内には本線のトンネル工事に着手する見通しだ。
 南アルプストンネルは延長約25キロ。山梨・静岡・長野の3県にまたがり、標高3000メートル級の山岳地帯を貫く計画。土かぶりが最大1400メートルに達し、高圧の湧水や破砕帯によるリスクも想定されるなど高度な施工・管理技術が求められる難工区となっている。
 このうち山梨工区の建設地は山梨県早川町新倉(一部静岡県側含む)で、山梨、静岡、長野の三つの工区に分けて建設するトンネルの東側(東京側)区間に当たる。本線トンネルの施工延長は約7・7キロ。NATMによる本線トンネル(幅約13メートル)、先進坑(延長約5・2キロ)、非常口などが建設される。早川町内の非常口(早川、広河原)から本線に向かう斜坑を掘り進め、本線トンネルの掘削に入るという手順工事が進められる。
 南アルプストンネルは実験線区間を除くと、初のリニアの本線工事区間で、工期は25年10月末までを予定している。
 山梨工区では、非常口から先進坑までの斜坑約2・5キロの掘削を6月末に終え、現在は斜坑から先進坑(高さ約6メートル、幅約7メートル)を約90メートル掘り進んだ段階。この日は、本線と並行する先進坑の最前線が公開された。公開地点は甲府市に設置予定の「山梨県駅」(仮称)の西約30キロの位置で、土かぶりは約750メートル。本坑の掘削に先立ち土質の調査なども行っている。
 JR東海山梨工事事務所の有江喜一郎所長は「地盤は砂岩と粘板岩、地下水の湧出量も1分間に1・5トン程度で工程は順調に進んでいる」と説明。1・2メートル(支保工の間隔)の掘削作業を昼夜2サイクルずつ計4サイクル行い、1日約5メートルのペースで進んでいるという。
 掘削用重機のドリルジャンボの重量は約35トン。掘削で発生する土の搬出量は1日当たり10トンダンプで100台分程度。1日約100人の作業員が従事している。「工事は25年まで続く長丁場。引き続き地元の理解を得ながら安全と環境保全に注意して、着実に工事を進めたい」と話した。
 山梨工区の非常口は今回の早川非常口と、静岡側にある広河原非常口の2カ所。JR東海によると、広河原非常口は現在、ヤード整備などを行っており、準備工事が終わり次第、斜坑の掘削に着手できる見通しだ。

JR東海/リニア南アルプストンネル山梨工区の現場公開/本線掘削へ準備着々

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

    日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  2. ~インバウンド向けホステル浸透中!:1~個人旅行の格安ニーズをつかむ!

    ~インバウンド向けホステル浸透中!:1~個人旅行の格安ニーズをつかむ!

  3. 地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官

    地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官

  4. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  5. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  6. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  7. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  10. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

アクセスランキングをもっと見る

page top