木炭で盆栽づくり! 「炭盆(すみぼん)」が地域の新名物に 画像 木炭で盆栽づくり! 「炭盆(すみぼん)」が地域の新名物に

インバウンド・地域活性

 長野市で活動する地域おこし協力隊の若者が作る、木炭の土台に山野草を植えた盆栽「炭盆(すみぼん)」が、地域の新名物として期待を集めている。

 作り手は同市の信級(のぶしな)地区で遊休農地の活用などに取り組む浅野知延さん(35)。木炭に穴を開け、ナンテンやエゾマツの苗を植え込んでいる。炭が水分を保つため、適度に水を与えれば1年以上持つ。

 浅野さんは昨年6月から同地区を担当し、唯一炭を焼く稲作農家、関口近夫さん(82)が趣味で作る炭盆を知って商品化を発案。二人で改良して4月に売り出した。

 浅野さんが、関口さんの木炭と50種の植物でさまざまな炭盆を作り、首都圏のイベント会場などに出店。これまでに約200個を売った。浅野さんは「地区の目玉商品にしたい」、関口さんは「見た人に信級の景色を感じてほしい」と話す。価格は2800円から。(木村泰之)

[活写] 新名物 もえよ

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

    日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  2. ~インバウンド向けホステル浸透中!:1~個人旅行の格安ニーズをつかむ!

    ~インバウンド向けホステル浸透中!:1~個人旅行の格安ニーズをつかむ!

  3. 地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官

    地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官

  4. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  7. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  8. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  9. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  10. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

アクセスランキングをもっと見る

page top