高知県中土佐町の新庁舎整備、高台に移転計画/南海トラフの備え 画像 高知県中土佐町の新庁舎整備、高台に移転計画/南海トラフの備え

インバウンド・地域活性

 高知県中土佐町は、整備を計画している新庁舎の基本設計をまとめた。南海トラフ巨大地震への備えとして高台に移転する計画で、庁舎棟と駐車場棟の2棟で構成する。設計は梓設計・若竹まちづくり研究所JVが担当している。
 新庁舎は「『中土佐タウンゲート』未来へつなぐ新たな防災拠点庁舎」として整備。防災の要として、基準の床レベルを海抜18・1メートルとし、想定される最大津波浸水高さ13・0メートルに津波の駆け上がりを見込んだ安全な計画としている。建設場所は久礼6663の1ほか。
 規模は、庁舎棟がRC一部S造地下1階地上5階建て延べ3714平方メートル、駐車場棟がS造4層5段延べ3585平方メートル。
 整備スケジュールは、17年度末までに実施設計をまとめ、18年度に着工、20年3月の完成を目指す。

高知県中土佐町/新庁舎整備/高台移転、18年度着工めざす

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

    入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  3. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  4. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  5. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  6. 羽田空港跡地第2ゾーン開発、計画概要を発表

  7. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  8. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  9. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  10. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

アクセスランキングをもっと見る

page top