青森市産のイタリア野菜「アオベジ」、東京や大阪へ! 画像 青森市産のイタリア野菜「アオベジ」、東京や大阪へ!

インバウンド・地域活性

 青森市産のイタリア野菜が本格流通し始めた。市がてこ入れし、ブランド名を「アオベジ」と命名、生産から流通までの体制を整えた。今年は12品目を主に作付けて飲食店中心に提供する。北国の冷涼な気候を生かし、真夏も出荷できるのが強みだ。

 市が音頭を取る「あおもり魅力野菜プロジェクト」の一環。イタリア料理やフランス料理のシェフのニーズに応え、輸入品から地場産に切り替えていく戦略だ。

 種苗業者、生産者、流通業者、外食産業、行政が一体となって取り組む。これまで数十品目の野菜を試験栽培し、栽培方法や収穫の適期を探ってきた。市内の生産者11人が品目ごとにチームを構成、数人が同じ品目に挑戦し試験流通を経て昨年から販売が始まった。

 今年はズッキーニ、カーボロネロ、カリフローレ、ロマネスコ、フェンネル、ビーツ、バジル、カラフルミニトマト、カラフルニンジン、コリンキーなどを出荷する。

 流通・販売は内海青果(青森市)に一本化。生産者は規格に合わせて包装し、ロゴマーク「アオベジ」を付け同社に集荷。それを注文に応じて飲食店や東京、大阪の卸に発送する。常時注文がある飲食店は100軒を超す。

 今年から東京へケールを週1回、750袋販売する。冷涼地を逆手に、関東の主産地が端境期となる夏から11月までリレー出荷する。一般向けも広がっている。県内生協の共同購入に「アオベジボックス」(6品入り980円)が加わり、レシピを付けて普及に力を入れる。

 内海青果の内海久香専務は「輸入品も扱ってきたが、地場産は半値で、しかも新鮮。青森で栽培できることを知ってもらい、特産に育てたい」と話す。特にトレビスとビーツは国産が価格、品質で優位だという。

 プロジェクト事務局は市農林水産部あおもり産品支援課が担う。首都圏への営業、商談会、セミナーには生産者や卸と同行、レストランシェフと交流することでニーズの把握にも努めている。

「アオベジ」本格流通 青森市産のイタリア野菜  

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 新さっぽろ駅周辺地区開発/大学や商業施設を開発

    新さっぽろ駅周辺地区開発/大学や商業施設を開発

  3. 東京駅前八重洲一丁目東地区再開発/特定業務代行者公募手続き開始

    東京駅前八重洲一丁目東地区再開発/特定業務代行者公募手続き開始

  4. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  5. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  6. 岐阜県中津川市/リニア車両基地周辺、官民連携で新たなまちづくり

  7. 追手門学院、東芝大阪工場跡地に新キャンパスを計画

  8. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  9. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  10. 【ご当地キャラの仕掛人に訊く!】地域マスコットから国民キャラへ――ぐんまちゃん

アクセスランキングをもっと見る

page top