JVCケンウッド、次世代タクシー配車システム、IoTやクラウドを活用 画像 JVCケンウッド、次世代タクシー配車システム、IoTやクラウドを活用

IT業務効率

JVCケンウッドは8月9日、横浜市のタクシー会社、三和交通との間で、タクシー配車システムの開発と導入に向けた業務協働に関する覚書を締結した、と発表した。

今回の発表は、クラウドを活用した次世代のタクシー配車システムの開発と導入を目指すもの。JVCケンウッドが持つ映像技術、音響技術、無線技術などの強みを生かして、次世代IoTソリューション事業の拡大に向けたタクシー配車システムの開発に乗り出した。

JVCケンウッドは、従来ケンウッドブランドで手がけてきたタクシー無線システムを発展させたタクシー向けの次世代配車システムの開発に着手。従来のタクシーの車載システムは、各機器が独立して搭載されていた。新たなシステムでは、業務用無線機器とカーナビゲーションを含む表示機を一つのセンター端末(タブレットPC)に集約。将来的には、決済機やタクシーメーターも含めた統合システムの開発を行う予定。

さらに、クラウドを活用したコールセンターの新システムを開発。センター業務の効率化をはかるとともに、顧客向けのスマートフォン配車アプリと連携させることで、これまでにないサービスを開発していく。

JVCケンウッド、次世代タクシー配車システム開発へ…クラウド活用

《森脇稔》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【VRと中小企業:2】建設工期短縮でコスト相殺、安全性向上!

    【VRと中小企業:2】建設工期短縮でコスト相殺、安全性向上!

  2. 山梨市を巨大“実験場”に、ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

    山梨市を巨大“実験場”に、ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

  3. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  4. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  5. 熊本城の石垣撤去で遠隔操縦装置導入、自動化、自律化へ

  6. 大林組、AI活用技術の開発体制強化/AIやIoTで生産性を向上

  7. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

  8. どこを“流せば”儲かるの?これからはAIが走行ルートを推薦し客をつかむ!!

  9. 【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

  10. アプリでタイムカードを打刻――マルチOS対応の「勤怠管理システム」提供スタート

アクセスランキングをもっと見る

page top