塩尻市の新体育館基本設計、テーマは「緑に浮かぶ『コミュニティアリーナ』」 画像 塩尻市の新体育館基本設計、テーマは「緑に浮かぶ『コミュニティアリーナ』」

インバウンド・地域活性

 長野県塩尻市は2日、塩尻市新体育館建設事業基本設計業務の委託先を決める公募型プロポーザルで、1次審査を通過した3者から、INA新建築研究所・エーシーエ設計JVを最優秀者に選定した。優秀者(次点)はアーキディアックだった。
 最優秀者の提案は、「緑に浮かぶ『コミュニティアリーナ』~未来に描く賑わいによる風景づくり」がコンセプト。多世代交流サロンの設置や、塩尻ブランドを発信する「ブドウ棚キャノピー」(天蓋)の提案などが高い評価を受けた。
 新体育館の整備には実施設計・施工一括発注(DB)方式を採用。今回の委託業務では基本設計業務、DB方式発注の仕様書作成などを行う。業務の履行期間は18年12月28日まで。業務委託料の上限(税込み)は3570万円。発注者の立場で計画に助言するCMr業務を明豊ファシリティワークスに委託している。
 新体育館の建設予定地は郷原地区。敷地面積は約2万3000平方メートル。計画規模はRC一部S造2階建て延べ5830平方メートル。20年度の完成を予定している。

長野県塩尻市/新体育館基本設計/最優秀者はINA新建築研究所JV

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

    大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  2. 北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

    北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

  3. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 三菱地所がホテルと空港事業を強化/専門事業グループ新設

  6. 南海電鉄の浜寺公園駅旧駅舎、辰野金吾設計の有形文化財を移動

  7. 相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

  8. 女性視点の鉄道イベント「鉄子の駅」/南海で3月3日に開催

  9. 板橋駅前用地一体開発事業/共同住宅のほか、商業施設や公益施設「インターフォーラム」も

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top