新幹線車両検査にタブレット導入、「ヨシ!」と声に出すと検査内容が自動入力! 画像 新幹線車両検査にタブレット導入、「ヨシ!」と声に出すと検査内容が自動入力!

IT業務効率

JR東海は8月2日、東海道新幹線で運用している車両の検査体制を変えると発表した。新しい検査体制は2019年4月導入の予定で、工事費は約20億円。データ管理システムを統合するほか、タブレット端末の活用により車両品質の向上を目指す。

車両の検査・修繕データは現在、短い周期で行われる検査などを管理するシステムと、車両の全ての部品を検査・修繕する全般検査を管理するシステムの二つを使用している。新体制では、これらのシステムを一つに統合。車両の走行中に得られるデータも、統合したシステムに加える。

これにより、車両に関する全てのデータを一体的に管理・分析することが可能に。JR東海は「得られた分析結果をもとに、検査内容や検査周期の最適化を目指します」としている。

このほか、タブレット端末を導入してデータ入力の信頼性の向上を目指す。現在は手書きで検査データを入力しているが、タブレット端末導入後は手入力のほか画像入力や音声入力、QRコード入力が加わる。

重要な部品は画像で記録。音声入力では作業員が「○○ヨシ!」などと検査結果を声に出すと、検査内容がタブレット端末に自動入力される。検査データの結果確認を自動化することで品質の向上が図られるほか、4000枚を超える紙の帳票類を削減するという。

JR東海、新幹線車両の検査にタブレット端末導入…データ管理も一元化

《草町義和》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 大林組がIoTやAI活用のビル管理システムの開発へ、ウェルネス建築の一環

    大林組がIoTやAI活用のビル管理システムの開発へ、ウェルネス建築の一環

  2. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  3. 飲食店の皆さん、棚卸しをしていますか? 棚卸しをする大事な3つの理由

    飲食店の皆さん、棚卸しをしていますか? 棚卸しをする大事な3つの理由

  4. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

  5. 建研、西武建設ら中高層建物のドローン点検実験公開/吹き付け塗装の模擬施工も

  6. 【VRと中小企業:4】鋳物職人の五感を継承する最先端OJT

  7. 弘前市、8月より公用車に車両管理システムを導入……納入事業者はオリックス

  8. 【ICTが変える高齢化社会:2】かしこい“見守りシステム”

  9. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  10. ソニー、教育機関向け「STEM教育パッケージサービス」の提供開始

アクセスランキングをもっと見る

page top