日本人英語を音声認識/NTT、イーオン・東大が共同実験 画像 日本人英語を音声認識/NTT、イーオン・東大が共同実験

制度・ビジネスチャンス

 日本電信電話(NTT)とイーオン、東京大学は8月7日、日本人の英語教育の新手法に関する共同実験を実施すると発表した。NTTの日本人英語音声認識技術やイーオンの英語語学教育に関するノウハウなどを組み合わせることで新たな英会話語学教育をめざす。共同実験期間は2017年8月~2018年3月を予定している。

 グローバル化の急速な進展により、国際共通語である英語の「聞く(Listening)」「読む(Reading)」「書く(Writing)」「話す(Speaking)」の4技能を習得する必要性が高まっている。特に「話す(Speaking)」学習については、現状の英語学習でもっとも必要でありながら学習量が不足しており、ICTでの高度化による学習効果の向上が望まれている分野だという。

 話した英語を文字にする音声認識技術などの試みが多くなされているが、「日本人英語」とも称される日本人が話す英語はネイティブスピーカーとは異なる特有の発音が多いこともあり、非常に高度な技術が求められている。

 NTTはイーオンの協力を得て、NTTの音声認識エンジンをベースに、日本人英語に特化した音声認識技術を開発。実験サービスができるまで精度が向上したことから、実際に通学しているイーオン生に今秋より体験してもらう。体験するのは、Speakingトレーニングとインタラクティブ英会話の2つ。日本人が国際舞台で活躍できるよう、英語でのコミュニケーションに支障のないレベルに引き上げる。

 また、東京大学とNTTが5月より共同研究を実施している学習者支援フィードバック技術について、語学教育の観点から検証を行う。

 NTTとイーオン、東京大学の三者は、共同実験の取組みを通して、英語語学教育における高度なICT技術と教育理論を組み合わせた学習効果の高い学習方法の開発・検証を進めることにより、社会のグローバル化に対応する次世代の英語語学教育への貢献をめざす。

日本人英語を音声認識、NTT・イーオン・東大が共同実験

《工藤めぐみ》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

    「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  2. 【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円

    【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円

  3. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

    国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  4. JR東海のリニア新幹線、川崎市麻生区に都市部トンネル

  5. 小池都知事、入札契約制度改革の姿勢崩さず/中小企業に根強い不安

  6. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  7. 東京都/入札契約制度改正/予定価格の事後公表原則化、JV結成義務を撤廃

  8. 西新宿五丁目再開発、160メートルのビルやコミュニティー広場も

  9. 国交省が工事の準備・後片付け期間を改定。下期発注で運用、7工種で定義も明確化

  10. 所有者不明農地、増加する一方

アクセスランキングをもっと見る

page top