ミャンマーへの海外からの投資が拡大 画像 ミャンマーへの海外からの投資が拡大

海外進出

外国企業19社を新たに承認
投資企業管理局(Directorate of Investment and Company Administration:DICA)のAung Naing Oo局長は、ミャンマー投資委員会(Myanmar Investment Commission:MIC)が同国への投資を希望する国内外の企業26社を承認したと発表した。

承認された26社のうち19社が外国企業で、工業部門12社、畜産部門1社、建設部門1社、電力供給部門1社、ホテル・観光部門1社、その他部門3社となっている。

MICによると、これらの企業の総投資額は1億8,427万2,000ドルに上り、1万人の地元住民に雇用機会をもたらすことになるという。

また、承認された国内企業7社は、工業部門2社、建設部門1社、運輸・通信部門は1社、工業地区開発部門1社、その他部門2社となっている。

これらの企業からの総投資額は約4,093億4,000万チャットで、940人以上の地元住民に雇用機会をもたらすことが推定されるという。

今会計年度の海外企業による総投資額は3億ドル超え
今会計年度にミャンマーへの投資が承認された外国企業は合計112社で、Thilawa特別経済区への投資と合わせると、総投資額は合計3億6,773万3,200ドルになる。

また、今会計年度似承認された国内企業は40社だという。

ミャンマーの新しい投資法では、各地域および州に投資委員会が設置され、国内外の企業はそれぞれの地域や州で60億チャット(500万ドル)以上の投資が許される予定だ。

なお、MICは(1)農業(2)畜産と養殖(3)輸出(4)輸入、(5)電力供給(6)輸送(7)教育(8)医療(9)低コスト住宅(10)工業都市の10部門の投資を優先している。

(画像はプレスリリースより)

ミャンマーへの投資が拡大

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 日本工営がシンガポールで水力発電事業

    日本工営がシンガポールで水力発電事業

  2. 米国市場でのHV車販売、プリウス が13万台で首位も前年比は26%減

    米国市場でのHV車販売、プリウス が13万台で首位も前年比は26%減

  3. 食べログラーメン部門1位の「麺屋一燈」、バンコク都心にタイ1号店

    食べログラーメン部門1位の「麺屋一燈」、バンコク都心にタイ1号店

  4. ドン・キホーテがバンコクで商業施設開発、シンガポールに続く2カ国目

  5. 日産、中国春節の時期にエクストレイルの新色を投入!

  6. 本日の新聞から:仏当局がルノー、PSAに立ち入り調査…排ガス不正関連

  7. 日本ハム、マレーシア大手の養鶏会社Lay Hongと資本業務提携

  8. 国交省のベトナム・ミャンマー訪問団派遣、中小の進出を後押し!

  9. 三菱商事、日清食品インドネシア現法に出資

  10. 幸せの国・ブータンの経産相、電気自動車の普及へ前向き

アクセスランキングをもっと見る

page top