ボッシュ、電動アシスト自転車で日本市場に参入/拡大する日本の電動自転車市場 画像 ボッシュ、電動アシスト自転車で日本市場に参入/拡大する日本の電動自転車市場

制度・ビジネスチャンス

ボッシュは8月7日、10月に東京ビッグサイトで開催される東京モーターショー2017において、ボッシュ「eBike Systems」を搭載した電動アシスト自転車を国内初公開し、日本の電動自転車用アシストユニット市場に参入すると発表した。

日本の電動自転車市場は近年、拡大傾向にある。とくに2011年の東日本大震災の際には、交通網のマヒの影響などにより、電動自転車に注目するユーザーが増加。震災後の2011年から2016年まで、電動自転車の販売台数は年平均約25%増加。ボッシュによると、今後もさらなる拡大が見込まれるという。

日本市場に導入するボッシュのeBike Systemsの最新シリーズ「Active Line Plus」は、モーター、バッテリー、ディスプレイ、チャージャーがセットになった電動アシスト自転車用システム。ボッシュはこの電動アシスト自転車用システムを採用する輸入自転車ブランドを、日本国内で展開していく。

モーターは、3軸センサーにより1秒間に1000個もの動きを測定。最適なスピードや電動アシストを実現する。バッテリーは蓄電容量が300Whで、軽量化と長寿命化を追求。ディスプレイには、スピードや距離、乗っている時間や距離残数などのデータを表示する。チャージャーはおよそ800gの軽量設計で、およそ2.5時間で充電が完了する。

【東京モーターショー2017】ボッシュ、電動アシスト自転車を公開へ…日本市場に参入

《森脇稔》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

    原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  2. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

    日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  3. 世紀東急工業ら、小規模現場の敷きならしICT化/ミニバックホウ排土板MC技術開発

    世紀東急工業ら、小規模現場の敷きならしICT化/ミニバックホウ排土板MC技術開発

  4. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  5. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

  6. 豚枝肉高騰1キロ650円、過去10年間で最高/9月中旬東京

  7. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  8. 国交省が工事の準備・後片付け期間を改定。下期発注で運用、7工種で定義も明確化

  9. 甘~いイチゴ「咲姫」ヒット!開発のきっかけはTOKIO/佐賀県白石町

  10. 大阪市の市営地下鉄や市営バス、民営化も公営時代のサービスを維持

アクセスランキングをもっと見る

page top