「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(中編)/ABC 画像 「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(中編)/ABC

IT業務効率

 先ごろ、東京の自由が丘に気になるコーヒーショップができた。「気になる」中身だが、コーヒーの味やカリフォルニアのトレンドが楽しめるのはもちろんとして、それ以上に「ITによる生産性向上」というビジネス文脈からも極めて示唆的な内容をもっている点に、おおいに興味を惹かれるのだ。そのコーヒーショップの名前は「ALPHA BETA COFFEE CLUB」(アルファベータコーヒークラブ。以下「ABC」)。創業者はアジア系アメリカ人の2人。かつてグーグルのアジア太平洋地域におけるデジタル・マーケティングの責任者を務めた大塚ケビン氏と、サンフランシスコのフードデリバリーサービス「Zesty」で成功を収めたアルヴィン・チャン氏。そして「ABC」のキャッチコピーは「ITの目線」「コーヒー界のグーグル」だ。

 サードウェーブコーヒーなど、いま日本ではかつてないほどのコーヒーブームが起こっている。町を見渡せば、職人技を誇る専門店から大衆的な大型チェーン店まで様々なコーヒーショップがある。そんななか、新たな視点「ITの目線」が投げかける考え方や具体的な方法は、コーヒーショップ経営に関わるひとのみならず、生産性改善を目標とする数多くのサービス業者への力強いアドバイスとなるように思えるのだ。

「ABC」のフィジカルショップ(リアル店舗)でのITの使用法や開発手順、ブランディングやPR方法、そして「ITの目線」からみる日本の生産性向上へのヒントーーこれら3つのテーマに分けてお届けするシリーズ「『コーヒー界のグーグル』が起こす、IT目線の生産性革命」、大塚ケビン氏とアルヴィン・チャン氏の二人の挑戦に注目してほしい。

==

【中編 新しいビジネスモデルをコーヒーショップで実現する】


■日常使いのカフェだから「月額制」はお客さんとウィンウィンの関係に

ーー月額制(7,500円)のカフェというのは、日本ではまだ珍しい方式です。

大塚ケビン(以下、ケビン) まだ始まったばかりですが、いまは順調です。街で生活するひとや働くひとが毎日通うのがカフェです。月の定額はお客さんにとって特典になりうるものだと思います。定額制によって毎日でも訪れたい場所になるのです。ABCの支店が増えれば、月額会員はどの店舗でも会員カードを使えるようにします。そうすればお客さんのメリットも増える。お客さんとお店双方のメリットがあれば、いわゆる「ウィンウィン」の関係を築くことができます。

ーーフィジカルショップ(リアル店舗)で意識したことは?

アルヴィン・チャン(以下、アルヴィン) デザイン、スタッフ、リテールをひとつのシステムとしてとらえています。いろいろな機能、メニュー、雰囲気をひとつの経験としてお客さんには体験してもらいたい。そのためにはオペレーションが大事だと考えています。

ーー在庫をもたない、いわばセレクトショップに近い形態ですよね。自分たちのショップのオリジナリティをどうやって作っているのですか?

ケビン ブランディングについては、自分たちの名前=ALPHA BETA COFFEE CLUBか、扱い商品である豆やコーヒーロースターをメインにするのか、どちらを大きく出すべきかについて検討しました。

日本のファッション業界では、ビームスやステュディオスなどのトレンドショップは、自分たちのブランドを前面に出しています。僕たちもそのやり方にならいました。

アルヴィン 商品の面からいえば、あらゆるコーヒー豆を取り寄せているわけではありません。品質が最も高いと認められたインドネシアのスマトラやエチオピアのイルガチェフェなど厳選しているので、その点からもABCならではのオリジナリティを十分にアピールしていると思います。

■「クラフト感」で統一すれば、昼(コーヒー)も夜(ビール)も営業できる

ーーコーヒーのほかにビールも扱っていますね。

ケビン コーヒーは夜、あまり飲まれませんよね。一方、バーは朝、営業ができません。昼間だけでも夜だけの営業でも、払う家賃は一緒です。とすると、カフェとバーの両方が、ショップのコンセプトにうまく当てはまるなら、効率的なビジネスになります。コーヒーもビールも「クラフト感」が共通するので、イケると思ったのです。でもコーヒーもビールも自分たちが好きだから、なんですけどね。

アルヴィン コーヒーやビール、そしてフード、そのどれにもストーリーがあります。お客さんを退屈にさせない。そういう飲料や食材を厳選しています。

ーー他の店とは違う、特別な存在を印象づけるためにはどんなことを行ってきた、またこれから行うつもりですか。

アルヴィン 一つ目にはフード。フードデザインには、サンフランシスコのラグジュアリーなレストランで腕を振るったシェフを迎え、おにぎりにメキシカンテイストを加えたメニューなど、オリジナルな内容になっています。
そしてコーヒーギーク(コーヒーオタク)が満足するコーヒー。コーヒーはパートナーシップを結んでいる日本全国のコーヒーロースターが、豆本来の味を最大限に引き出すように丁寧に焙煎しています。
三つ目はミートアップ(交流会)のイベントやワークショップを開く予定です。たとえばスーパスターのパリスタを招いたりすることで、コーヒーギーク以外のお客さんが集まりやすくなることを考えています。
そのほかに社会支援もコンセプトのなかにいれています。障がい者への経済的な自立を支援する「SELP」と連携、コーヒー豆の梱包をお願いしています。購入金額の一部が経済援助につながっています。


《加藤陽之/HANJO HANJO編集部》

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. AIの未来、2030年には常識を備えた「執事ロボ」が!

    AIの未来、2030年には常識を備えた「執事ロボ」が!

  2. 【VRと中小企業:2】建設工期短縮でコスト相殺、安全性向上!

    【VRと中小企業:2】建設工期短縮でコスト相殺、安全性向上!

  3. 雷を避けてこそ「避雷針」――消イオン容量型避雷針

    雷を避けてこそ「避雷針」――消イオン容量型避雷針

  4. 農業のノウハウをITでレシピ化する「e-kakashi」

  5. EV使用済みバッテリーを家庭用蓄電池や充電器に再利用――4Rエナジー

  6. ゲームだけじゃない。 様々なジャンルに広がるVR

  7. 富士教育訓練センターでドローン技能者を育成、若者や中途採用者を確保

  8. 着るIoT! ウェアラブル総合ブランド「hamon(R)」とは?

  9. IoTは次の時代の標準インフラになる~坂村健・東大教授に聞く~

  10. AR応用し水中作業をリアルタイムで可視化、東亜建設工業が開発

アクセスランキングをもっと見る

page top