近鉄不動産、ハノイのマンション開発に参入/マナーセントラルパーク 画像 近鉄不動産、ハノイのマンション開発に参入/マナーセントラルパーク

海外進出

【ベトナム】近鉄不動産(大阪市天王寺区)は10日、三菱商事とベトナムの不動産デベロッパー大手ビテクスコがハノイで推進中の分譲住宅開発事業に参画すると発表した。近鉄不動産が海外で住宅開発に参画するのは初めて。

 三菱商事、近鉄不動産、関電不動産開発(大阪市北区)の3社が出資する投資会社が現地の合弁会社に出資する。

 建設地はハノイ中心部から南西に約8キロのホアンマイ区。ビテクスコが進める住宅、商業施設、オフィス、学校、スポーツ施設などからなる大規模複合開発事業「マナーセントラルパーク」の第1期開発として、低層棟240戸(敷地面積2万1109平方メートル、建物面積7万8852平方メートル)、高層棟2棟874戸(敷地面積7644平方メートル、建物面積6万843平方メートル)を開発する。2018年に低層棟、2021年に高層棟の1棟目が竣工する予定。

 「マナーセントラルパーク」は計画面積が90ヘクタールに上り、ベトナム政府が一体整備する公園(100ヘクタール)を加えると、ハノイ最大の不動産開発事業となる。このうち分譲住宅は合弁会社が開発する第1期を含め、低層棟約1000戸、高層棟約7700戸(17棟)を計画している。

近鉄不動産、ハノイのマンション開発に参入

《newsclip》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  2. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

    トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  3. ホンダが東南アジアにおけるシェアリング事業へ進出

    ホンダが東南アジアにおけるシェアリング事業へ進出

  4. 日本の「質の高い」インフラ輸出、ウガンダ・ザンビアと定期官民対話へ

  5. ミャンマー・ヤンゴン新国際空港、プロジェクト再延期へ

  6. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  7. NZリンゴがスーパー席巻、本末転倒!?

  8. 高級車レクサス、日本のおもてなしでタイ人の心をつかむ

  9. 日産がミャンマーで「サニー」の生産開始、市場拡大へ

  10. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

アクセスランキングをもっと見る

page top