横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ 画像 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

インバウンド・地域活性

 横浜スタジアム(岡村信悟社長)は、横浜市のJR関内駅前にある横浜スタジアム(中区横浜公園)の観客席を6000席増設するなどの増築・改修工事に12月初めにも着手する。設計・施工は清水建設が担当。20年2月末の完成を目指す。施設の老朽化と収容人数不足への対策に加え、同スタジアムが2020年東京五輪で野球・ソフトボールのメイン会場となることも踏まえたリニューアル事業で、約85億円を投じる。
 増築部分の建築面積は7432平方メートル。施設はS造4階建て延べ2万1970平方メートル。高さは約31メートル。
 計画によると、収容人数を現在の約2万9000人から約3万5000人に増やす。増設部分は、1、3塁側とバックネット裏のスタジアム外側にせり出す形で設置。市街地を一望できるデッキ席や個室席なども新設する。このほか、横浜公園との一体化、内外野間の回遊性を高めるデッキの新設、スロープ・エレベーターなどの新設によるバリアフリー化なども併せて進める。

横浜スタジアム/スタジアム増築・改修(横浜市中区)/清水建設で12月にも着工

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「イオンモール幕張新都心」前の京葉線新駅が建設決定

    「イオンモール幕張新都心」前の京葉線新駅が建設決定

  2. 六本木ヒルズが開業15周年、コンパクトシティーの先駆け

    六本木ヒルズが開業15周年、コンパクトシティーの先駆け

  3. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

    札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  6. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  7. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  8. 地方創生のカギをにぎる「プロ人材マッチング」/第3回 成功へのシナリオ(事例編)

  9. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  10. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

アクセスランキングをもっと見る

page top