「キャベツサイダー」登場! 捨てるなんてもったいない、外葉や芯からエキスを抽出 画像 「キャベツサイダー」登場! 捨てるなんてもったいない、外葉や芯からエキスを抽出

インバウンド・地域活性

 ギョーザなど1日100万個を製造するみまつ食品(前橋市)は、今夏から「キャベツサイダー」の販売を始めた。ギョーザなどの製造過程で出るキャベツの芯や外葉からエキスを抽出して活用。生産者からも「キャベツを無駄なく使ってもらってうれしい」と好評だ。

 同社は群馬県の嬬恋村や伊勢崎市、藤岡市などを中心に40戸の農家からキャベツを仕入れ、使用量は1日6トンに上る。利用されない外葉や芯は200キロあり、廃棄を余儀なくされてきた。

 同社開発部長の古澤篤志さん(41)は「丹精して作ってくれた農家を思うと、捨てるのはもったいない」と、7年前から活用を模索。乾燥や粉末化など試行錯誤する中、たどり着いたのが「使いやすいのは液体」という結論。そこで外葉や芯からエキスを抽出することにした。

 キャベツの風味を出すには濃縮する必要があるが、エキスを沸点近くまで煮詰めると焦げ臭が出やすい。3年かけて、55度前後の低温でじっくり煮詰めて3倍に濃縮し、爽やかな風味を出すことに成功。神奈川県川崎市の炭酸飲料製造会社の協力で、エキスを使ったサイダーの製造にこぎ着けた。

 前橋市の同社工場直売店や、JR高崎駅構内の県産品販売の「群馬いろは」などで230円(340ミリリットル入り)で販売。インターネットでの販売も計画している。

捨てるなんてもったいない 外葉や芯からエキスを抽出 「キャベツサイダー」登場 群馬の食品会社

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

    入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  3. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  4. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  5. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  6. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  7. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  8. 羽田空港跡地第2ゾーン開発、計画概要を発表

  9. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  10. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top