「キャベツサイダー」登場! 捨てるなんてもったいない、外葉や芯からエキスを抽出 画像 「キャベツサイダー」登場! 捨てるなんてもったいない、外葉や芯からエキスを抽出

インバウンド・地域活性

 ギョーザなど1日100万個を製造するみまつ食品(前橋市)は、今夏から「キャベツサイダー」の販売を始めた。ギョーザなどの製造過程で出るキャベツの芯や外葉からエキスを抽出して活用。生産者からも「キャベツを無駄なく使ってもらってうれしい」と好評だ。

 同社は群馬県の嬬恋村や伊勢崎市、藤岡市などを中心に40戸の農家からキャベツを仕入れ、使用量は1日6トンに上る。利用されない外葉や芯は200キロあり、廃棄を余儀なくされてきた。

 同社開発部長の古澤篤志さん(41)は「丹精して作ってくれた農家を思うと、捨てるのはもったいない」と、7年前から活用を模索。乾燥や粉末化など試行錯誤する中、たどり着いたのが「使いやすいのは液体」という結論。そこで外葉や芯からエキスを抽出することにした。

 キャベツの風味を出すには濃縮する必要があるが、エキスを沸点近くまで煮詰めると焦げ臭が出やすい。3年かけて、55度前後の低温でじっくり煮詰めて3倍に濃縮し、爽やかな風味を出すことに成功。神奈川県川崎市の炭酸飲料製造会社の協力で、エキスを使ったサイダーの製造にこぎ着けた。

 前橋市の同社工場直売店や、JR高崎駅構内の県産品販売の「群馬いろは」などで230円(340ミリリットル入り)で販売。インターネットでの販売も計画している。

捨てるなんてもったいない 外葉や芯からエキスを抽出 「キャベツサイダー」登場 群馬の食品会社

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 新さっぽろ駅周辺地区開発/大学や商業施設を開発

    新さっぽろ駅周辺地区開発/大学や商業施設を開発

  3. 東京駅前八重洲一丁目東地区再開発/特定業務代行者公募手続き開始

    東京駅前八重洲一丁目東地区再開発/特定業務代行者公募手続き開始

  4. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  5. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  6. 岐阜県中津川市/リニア車両基地周辺、官民連携で新たなまちづくり

  7. 追手門学院、東芝大阪工場跡地に新キャンパスを計画

  8. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  9. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  10. 【ご当地キャラの仕掛人に訊く!】地域マスコットから国民キャラへ――ぐんまちゃん

アクセスランキングをもっと見る

page top