第3次改造内閣、留任の石井啓一国交相/引き続き生産性革命推進 画像 第3次改造内閣、留任の石井啓一国交相/引き続き生産性革命推進

制度・ビジネスチャンス

 第3次安倍第3次改造内閣が3日、発足した。15年10月の就任から約1年10カ月が経過した石井啓一国土交通相は留任。16年を「元年」、17年を「前進の年」と名付けて省を挙げて取り組んできた「生産性革命」を引き続きけん引しながら、防災・減災、インフラ老朽化対策、地方創生、建設業や自動車運送業の働き方改革など、直面する重要課題に引き続き対応していく。=2面に業界団体首脳の談話
 辞表を取りまとめた同日午前の閣議後に記者会見した石井国交相は、昨年の熊本地震や北海道・東北豪雨、今年の九州北部豪雨など全国各地で大きな災害が頻発したことを振り返り、「国土交通省の総合力を発揮して、重要な課題に取り組むことができた」と述べた。
 就任から現時点までに成立させた同省関係の政府提出法律は17本。石井国交相は「多くの皆さんに支えられながら全力投球した」と感想を語った。
 改造内閣で新たに就任した顔ぶれは、斎藤健農水相、中川雅治環境相、小批木八郎国家公安委員長兼防災担当相、梶山弘志地方創生担当相など。

第3次改造内閣発足/石井啓一国交相は留任/引き続き生産性革命推進

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

    国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  2. 四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

    四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

  3. 流動食市場は頭打ち、在宅・施設用「やわらか」食が伸びる――高齢者向け食品市場

    流動食市場は頭打ち、在宅・施設用「やわらか」食が伸びる――高齢者向け食品市場

  4. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  5. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  6. 羽田連絡橋・新規整備へ。国家戦略特区プロジェクトの一環

  7. いま「従業員持株会」が注目されるワケとは?

  8. 国交省が労務単価3.4%、技術者単価3.1%引き上げ、3月1日から適用

  9. 建設進む北海道新幹線、国内最長の陸上トンネル誕生へ!

  10. 「地中拡幅工法」検討に苦心…関東整備局が民間企業から意見聴取へ

アクセスランキングをもっと見る

page top