みなとみらい21の大規模複合ビル計画、JR横浜駅からペデストリアンデッキで接続 画像 みなとみらい21の大規模複合ビル計画、JR横浜駅からペデストリアンデッキで接続

インバウンド・地域活性

 清水建設は1日、横浜市西区のみなとみらい21(MM21)地区54街区でオフィス・店舗などが入る大規模複合ビルの建設に着手した。自社で設計・施工する投資開発事業の一環で、MM21地区では14年5月に運用を開始した横浜アイマークプレイス(14階建て延べ9・7万平方メートル)に次いで2件目となる。19階建て延べ約10万平方メートル。総投資額は約550億円で同社の開発プロジェクトとしては過去最大規模になる。20年2月末の完成を目指す。
 計画名称は「(仮称)MM21-54街区プロジェクト」。建設地は西区みなとみらい5の1の16ほか。横浜高速鉄道みなとみらい線新高島駅の直上に位置し、JR横浜駅からペデストリアンデッキで接続する。敷地面積は1万3503平方メートル。建物はS造(免震構造)19階建て延べ10万2000平方メートル。事務所、店舗、託児施設、カンファレンス施設、駐車場などが入る。横浜市が公募した開発事業者に応募し、同社の計画が選定された。
 開発コンセプトは「クリエーティブな企業活動を支える次世代ワークプレイスの創造」で、▽フレキシビリティー▽環境▽ウエルネス(健康・快適性)▽事業継続性(BCP)-に対応した付加価値の高いオフィスを提供する。竣工時にはLEEDゴールド認証、CASBEE横浜のSランク、WELL認証(建物・室内環境評価システム)の取得を目指す方針だ。

清水建設/MM21-54街区複合ビル建設(横浜市西区)に着工/投資開発事業の一環

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. インバウンド、いますぐおさえるべきポイントは何か?/インバウンド・観光ビジネス総合展

    インバウンド、いますぐおさえるべきポイントは何か?/インバウンド・観光ビジネス総合展

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 知られざる“爆売れ”、その理由は?/インバウンド・観光ビジネス総合展

  5. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  6. 訪日客の “悩みごと”を見つけサービスに変える!/インバウンド・観光ビジネス総合展

  7. 「インバウンドというだけでは儲からない」/インバウンド・観光ビジネス総合展

  8. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  9. 日本橋兜町再開発、「国際金融都市東京」構想の一翼を担う街づくりへ

  10. 新国立競技場、屋根鉄骨工事に向け施工検証、始まる

アクセスランキングをもっと見る

page top