暑さフルスロットルの熊谷、それならと農産物アイスを発売へ!/ふるべるアイスキャンディ 画像 暑さフルスロットルの熊谷、それならと農産物アイスを発売へ!/ふるべるアイスキャンディ

制度・ビジネスチャンス

 卸売会社の熊谷青果市場(埼玉県熊谷市)は、全国的に暑い街としての知名度を生かして農産物をPRしようと、出荷物を使ったアイスキャンディーを開発し、今夏から販売を始めた。スペイン語で果実・野菜を意味するフルータ・ベルドゥーラにちなみ「ふるべるアイスキャンディ」と名付けた。現在、15種類ほどを1個200~400円で販売。袋に産地や品種を明記し、“市場発のアイス”を売り込む。

 「市場として生産者の作った農産物を有利販売しよう」(飛田修社長)と、4月から新たな販売方法を模索。若手職員の発想を取り入れ、暑さ対策の一環として農産物を使ったアイスを開発した。

 出荷された農産物を同社が買い取り、原料に使う。地元産の利用を最重視する。製造は市内のアイスクリーム会社に委託。ミルク味とシロップ味をベースに、果実や野菜の果肉を残して本来の味を楽しめるように仕上げた。人工甘味料や合成着色料は使わない。

 同じ品目でも、産地リレーで品種を変えながら仕入れ、アイスを長期間、販売する。市場のプロが、味の相性の良い品目や品種の組み合わせを提案する。市場価格の下がった時期に多く購入。マンゴーなどの高級品は、取引のある農家から規格外品を仕入れるなど工夫する。7月18日に発売し、同社の敷地内に設けた常設店舗や地元の祭りで販売。これまでに1000本以上が売れた。

 人気の味は、ブルーベリーやエダマメ、メロンの単品や、ブルーベリーと桃、サクランボの3種組み合わせなど。購入者からは「果肉がごろっと入りおいしい」「桃でも異なる品種で違う味を楽しめる」などと好評だ。

出荷物使ったアイス好評 旬の果実や野菜PR 埼玉・熊谷青果市場

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. イチゴ商戦ピークへ、独自品種で高級感/味、香り、大玉 多彩に、ギフトも好調

    イチゴ商戦ピークへ、独自品種で高級感/味、香り、大玉 多彩に、ギフトも好調

  2. 群馬県川場村の木質バイオマス発電施設完成、地域資源で地場産業創出

    群馬県川場村の木質バイオマス発電施設完成、地域資源で地場産業創出

  3. 愛知県の衣浦港で新たなふ頭用地を造成、木材チップなどの保管ヤードとして利用

    愛知県の衣浦港で新たなふ頭用地を造成、木材チップなどの保管ヤードとして利用

  4. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  5. 国交省、旧38条認定建物の増改築規制緩和、大掛かりな工事不要に

  6. 鉄道総研、コンクリ橋梁の津波対策で被害予測判定法実用化へ

  7. 三井不動産が大規模物流施設事業を加速/年間400億円投資

  8. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  9. 国交省/直轄国道20年間の修繕費を初試算/予防保全4.9兆円、事後保全5.5兆円

  10. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

アクセスランキングをもっと見る

page top