~HANJO女子~一つ一つ学んでいくのが楽しい/IHIインフラシステム中村詩織さん 画像 ~HANJO女子~一つ一つ学んでいくのが楽しい/IHIインフラシステム中村詩織さん

人材

 「父が土木関連の仕事をしていたことで、小さい頃からダムや橋梁などの大型構造物を見に行く機会が多かった」と振り返る。
 将来は自分でも大きな構造物を造り、人の役に立ちたいと考え、大学では土木を専攻。大学院まで進学し、研究室で橋梁構造を学んだ。就職活動の際には、勉強したことを最大限に生かせる会社に入りたいと考え、IHIインフラシステムを選んだ。
 12年4月に入社し、最初の2年間は設計部門に配属された。「その時の上司が仕事に対して大変情熱を傾ける方だった。私もその上司を見ならい、チャレンジ精神や向上心を持って仕事に打ち込もうと決めた」と話す。
 その後、生産設計部門に異動となり、非破壊検査要領書の作成や部材の運搬業務に関する資料作成などに携わってきた。今年4月には製作部門(工事計画)へと異動。工場製作担当として製作方針の取りまとめなどを行っている。
 「橋梁などを製作するにも、さまざまな方法があり、日頃、知識不足を感じることも少なくない」という。だからこそ、「さまざまな製作方法を一つ一つ学んでいくのが楽しく、成長を実感できる」とも。
 設計や加工、製作などさまざまな仕事を経験したいと思っている。「さらに知識を深め、幅広い分野で活躍していきたい」と笑顔を見せる。
 (生産情報課、なかむら・しおり)

凜/IHIインフラシステム堺工場製造部・中村詩織さん/チャレンジ精神忘れずに

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  2. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

    国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  3. 三代目社長のHANJO記:第3話――職人バカになるな! 客にとっての便利を考える/矢場とん

    三代目社長のHANJO記:第3話――職人バカになるな! 客にとっての便利を考える/矢場とん

  4. 技能労働者の若年層減少に歯止め、16年は29歳以下が1.4万人増。処遇改善策が奏功

  5. ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」骨太に描かれる若者の“労働観”

  6. みんなで話そう―看護の出前授業!

  7. 建設コンサル各社で離職率低下、ワークライフバランスの広がりが決め手

  8. ~HANJO女子~一つ一つ学んでいくのが楽しい/IHIインフラシステム中村詩織さん

  9. 社員が見た社長の評価! 社長の自己評価と大きな差が

  10. 国交省人事、航空局長に佐藤善信氏、観光庁長官は田村明比古氏

アクセスランキングをもっと見る

page top