働き方改革のカギ「テレワーク」、導入はいま!/ワークスタイル変革EXPO 画像 働き方改革のカギ「テレワーク」、導入はいま!/ワークスタイル変革EXPO

イベント

【記事のポイント】
▼注目のテレワーク、安価なサービスが増えている
▼情報漏えいなどのセキュリティ面も高い安全性が確保されてきている
▼オフィスの賃料など経営コスト削減にもつながる

 2017年7月26日~28日、東京ビッグサイトで開催された「総務・人事・経理ワールド2017」。総務・人事・経理部門向けの7つの専門展が同時開催となる展示会として、防災・セキュリティ、省エネ、人事支援、働き方改革支援、財務会計などの製品・サービスが一堂に会するイベントだ。

 その中でも今回は「ワークスタイル変革EXPO」にて、働き方改革のカギとも言われている「テレワーク」をキーワードとしているブースに注目してみた。このところ耳にする機会の多いテレワーク、7月24日には「テレワーク・デイ」が実施されたことも記憶に新しい。

 時間や場所にとらわれない働き方として注目されるテレワークだが、いざ導入となると設備投資等のコストも気になる。そこでコストを抑えつつテレワークを実現できそうなサービスをピックアップ、紹介しよう。

■スマートフォンにビジネスホンの機能を

 フリービット株式会社が提供するサービス「モバビジ」はPBX(プライベート・ブランチ・エクスチェンジャー=構内電話交換機)をクラウド化することにより、スマホやタブレットからオフィスのビジネスホン機能を使えるようにしたもの。場所や時間にとらわれずに自分のスマートフォンからオフィス電話の発着信が可能となるため、外回りの多い営業職等の業務の効率化はもちろんのこと、在宅勤務などの柔軟な働き方にも対応できる。

 また、通常の電話回線を使用せずデータ通信による通話を行うため、スマートフォンを内線として使用することもできる。さらに外線発信時には通常の電話回線よりも安価なひかり電話を利用。「モバビジ」を利用することで最大78.4%もの大幅なコスト削減も実現できるそうだ。

■会社のPCをタブレットに表示

 NTTテクノクロス株式会社の「マジックコネクト」は、手元にあるPCやタブレットに会社PCのデスクトップ画面を呼び出すことが可能なリモートアクセスサービス。限定した一台の端末から会社PCにアクセスしたり、USBキーを差し込むことで任意の端末から会社PCにアクセスすることができる。

 リモートアクセスで気になるのが端末紛失や盗聴、情報漏えいなどのセキュリティ面だが、「マジックコネクト」では多要素認証を用いた強固な認証機能や、ファイルの転送防止機能、特別な通信方式による盗聴のシャットアウトを実装しており高い安全性が確保されているため、テレワーク等外部からのアクセスも安心して行える。

 すでに3000社以上で導入されており、リモートアクセスサービスシェア1位の「マジックコネクト」。会社のPCでなくては仕事ができない、という時代はすでに過去のものと言えそうだ。


《川口裕樹/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. お好み焼き「千房」、インバウンド成功の決め手とは?/外食ビジネスウィーク

    お好み焼き「千房」、インバウンド成功の決め手とは?/外食ビジネスウィーク

  2. ~国際コインランドリーEXPO:1~アワード受賞店の経営術は?

    ~国際コインランドリーEXPO:1~アワード受賞店の経営術は?

  3. 【ギフト・ショー】歌舞伎や日本刀、新幹線の形をしたかわいい靴下たち

    【ギフト・ショー】歌舞伎や日本刀、新幹線の形をしたかわいい靴下たち

  4. Googleの提唱する働き方改革成功のポイント/ワークスタイル変革EXPO

  5. メガネスーパーに学ぶ、企業再起のための“三つの方法”

  6. 【新価値創造展2015】製品化された着るヒーター、通電繊維の未来とは?

  7. 重要なのは“自分ごと”としてみてもらえるコンテンツ/デジタルサイネージジャパン

  8. 【ウェアラブルEXPO】どんな眼鏡でも利用可能、メガネスーパーの後付けウェアラブル

  9. 【農業ワールド】超軽量でカラフル!女性が楽々使える台車が登場

  10. インバウンドEXPO:3/体験型+VR集客が成功の方程式に

アクセスランキングをもっと見る

page top