チケット販売のぴあ、みなとみらい21地区に1万人規模の大型コンサートアリーナを建設! 画像 チケット販売のぴあ、みなとみらい21地区に1万人規模の大型コンサートアリーナを建設!

インバウンド・地域活性

 チケット販売やイベント企画・制作などを手掛けるぴあ(東京都千代田区、矢内廣社長)は20日、横浜市西区のみなとみらい21(MM21)地区に収容人員1万人規模の大型コンサートアリーナを建設すると発表した。4階建て延べ2・1万平方メートルの規模を想定。設計・監理は佐藤工業・とお一級建築士事務所(仙台市青葉区)JV、施工は佐藤工業が担当し、12月に着工。東京五輪が開かれる20年春の開業を目指す。初期投資費用は約100億円を見込んでいる。
 計画地は西区みなとみらい3の2(38街区)。横浜ランドマークタワーや横浜銀行本店ビルの隣接地。三菱地所の所有地を定期借地権で借り受ける。借地期間は公表していない。敷地面積は1万2000平方メートル。計画によると、建築面積は約9500平方メートル、建物はRC一部S造地下1階地上4階建て延べ約2万1000平方メートル、高さ約32メートル。収容客数は約1万人(着席時)。音楽コンサートを中心に利用するが、開催公演のジャンルは限定しない。
 運営・管理は自社で行う。民間企業が単独で主導する1万人規模のアリーナの建設・運営は国内初という。ぴあはこれまで培ったエンターテインメントのノウハウを生かし、新しいタイプの音楽アリーナの実現を目指す。舞台装置の搬入や設営の効率化などに配慮した動線計画などを重視する。
 同社は音楽ライブ・エンターテインメント市場が拡大する一方で、東京五輪を控えてホール・会場が不足する状況などを見据え、自社でホールや劇場の運営事業に参入することを決めた。

ぴあ/MM21地区(横浜市西区)に1万人規模アリーナ、佐藤工業で12月着工へ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  2. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

    大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  3. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  4. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  5. 北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

  6. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  9. 小田急グループ、御殿場アウトレット内にホテルと温泉施設を建設

  10. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

アクセスランキングをもっと見る

page top