大分県の焼酎用麦「トヨノホシ」利用拡大、適性高く商品化続々! 画像 大分県の焼酎用麦「トヨノホシ」利用拡大、適性高く商品化続々!

制度・ビジネスチャンス

 17年産の栽培面積は前年産の2倍を上回る84ヘクタールに拡大した。18年産は100ヘクタールを上回る見込みだ。同県で焼酎用に作っていた二条大麦「ニシノホシ」より粒が大きく収量が多いのが特徴。試験栽培では1、2割上回った。九州の他県で発病が確認されている、大麦縞萎縮(しまいしゅく)病●型の耐病性を持つ。

 「ニシノホシ」も醸造適性に優れるが、国の育成品種で他県でも生産が広がっているため、銘柄に使っても差別化が難しかった。「トヨノホシ」は同県と同組合が14年に品種登録を出願。育成者権を取得し、栽培は県内に限定する。焼酎原料に使えるのも県内のメーカーだけとし、県独自の焼酎用品種として定着を目指す。

 焼酎メーカーを束ねる県酒造組合が品種育成に携わった安心感から、既に10社のメーカーが「トヨノホシ」銘柄の焼酎を発売している。藤居酒造(大分県臼杵市)は「トヨノホシ」を100%使用した「萬力屋」を5月から発売。取引のある問屋への売り込みを進めており、反応は良好という。「県内の飲食店や小売店で他県産の焼酎が増えている。大分色の強い新たな銘柄で盛り返していきたい」と意気込む。

 同県産で作る麦焼酎の原料は約9割が輸入物。普及を進めるJA全農おおいたは「トヨノホシのブランドイメージを高め、県産麦の需要を増やしたい」(米麦課)と力を込める。

編注=●はローマ数字の「3」。

大分県の焼酎用麦 トヨノホシ利用拡大 適性高く商品化続々 酒造組合が育種に協力

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.1

    ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.1

  2. 【倒産情報】鮮魚・水産物販売の「最上グループ」倒産――負債総額38億以上

    【倒産情報】鮮魚・水産物販売の「最上グループ」倒産――負債総額38億以上

  3. 厚労省が高所作業で安全帯のフルハーネス型を原則化へ

    厚労省が高所作業で安全帯のフルハーネス型を原則化へ

  4. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  5. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  6. 国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

  7. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  8. 納豆市場が急成長! 16年、過去最高の2140億円/「国産使用」後押し

  9. 新しい「霞が関の顔」、官僚人事でサプライズは?

  10. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

アクセスランキングをもっと見る

page top