イーオン、VRを使った英会話アプリ発表/「英語でおもてなしガイド」 画像 イーオン、VRを使った英会話アプリ発表/「英語でおもてなしガイド」

インバウンド・地域活性

 英会話教室を運営するイーオンは7月18日、VR(バーチャルリアリティ)に対応した英会話学習のアプリ「英語でおもてなしガイド(VR対応)」を発表した。同社によるVR対応サービスの提供はこれが初めて。疑似コミュニケーションを通し、英会話力の向上を図る。利用料金は月額課金制980円(税込)。

 英会話学習にゲームの要素を取り入れた新アプリ「英語でおもてなしガイド(VR対応)」は、外国人観光客に対して英語で案内・おもてなしするシーンをVRによって再現し、仮想空間での疑似コミュニケーション体験を通じて英会話力を向上させるアプリ。

 アプリはイーオンの「L&Aメソッド(Learning and Acquistion 学習メソッド;知識と体験学習メソッド)」に基づき構成。「事前学習パート」と「会話学習パート」の2部構成で英会話学習を進めていく仕組みだ。

 搭載されている機能のひとつ、「会話学習パート(Acquistion)」では、登場する人物と会話の練習を行う。スマートフォンなど、デバイスの音声録音機能を利用し、自身の発音の聞き直しやチェックができる。「VRモード」は会話練習のConversation、Exercise、Practice の3つの会話練習で利用可能。アプリながら1対1で対話している感覚で英会話を学習できるため、「より深く印象に残るための会話の早期習熟」を促すという。

 アプリには「学習ログ」機能も搭載。事前学習や会話学習の進捗によりパーセンテージが上昇し、進捗状況に基づいた事前学習や会話練習はどれかわかる。

 全8チャプター構成を採り、9月から新コンテンツが追加される予定。AppStore、Google Play Storeにおいて7月18日から販売中。利用料金は月額課金制980円(税込)。チャプター1のみ無料でお試し利用が可能だ。

 監修は東京大学 大学総合教育研究センター 特任講師の藤本徹氏。制作協力はポケット・クエリーズ。イーオンは「今後も英語学習の多様化するニーズに応え、より充実した英語教育の提供に努めて参ります」とコメントしている。

◆イーオン「英語でおもてなしガイド(VR対応)」
販売日:2017年7月18日(火)
利用料金:月額課金制980円(税込)
※2017年7~8月はキャンペーン価格600円(税込)
※お試し無料ダウンロードとしてチャプター1は無料で利用可能
販売方法:App Store(iPhone)配信、Google Play Store(Android)配信
対象機種:iPhone(OS ver.9以上)・Android(OS ver.4.2.2以上)

イーオン、VR英会話アプリ提供…「おもてなし」疑似体験で能力アップ

《佐藤亜希》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地方創生】エネルギーの街、公用車はFCV「MIRAI」…周南市 木村健一郎市長

    【地方創生】エネルギーの街、公用車はFCV「MIRAI」…周南市 木村健一郎市長

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

    東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  4. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  5. 2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

  6. 五反田駅の東口に10階建ての新ビル/アトレとホテルメッツ予定

  7. 白金高輪駅近くで、新たな再開発計画、街づくりに向けた動き活発化

  8. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  9. 追手門学院、東芝大阪工場跡地に新キャンパスを計画

  10. ソニー旧本社跡地「御殿山エリア」開発/18年3月末にオフィスビル着工へ

アクセスランキングをもっと見る

page top