竹芝ウォーターフロント開発、四季劇場の解体着手 画像 竹芝ウォーターフロント開発、四季劇場の解体着手

インバウンド・地域活性

 JR東日本は、東京都港区で計画している複合開発事業「竹芝ウォーターフロント開発計画」で、6月末までに上演活動を一時休止したJR東日本アートセンター四季劇場「春・秋」など周辺建物の解体工事に着手した。施工は隣接する区域の地下解体工事を進める清水建設が担当。開発対象区域に点在する施設の解体作業を進め、新設する複合施設の建設工事に順次着手する。当初計画では20年6月末の完工を予定している。
 計画地は港区海岸1の22の1ほか(敷地面積2万3030平方メートル)。既存建物の解体工事が先行して進む区域では浜松町社宅やシーサイドホテル芝弥生(芝弥生会館)などの地上部の解体工事を竹中工務店が担当した。5月から清水建設が地下部分の解体作業を進めている。
 今月着手した四季劇場などが立ち並ぶ隣接区域の解体の工期は18年6月まで。既存施設の規模はアートセンター四季劇場がS造地下1階地上3階建て延べ9973平方メートル、同劇場の稽古場がS造3階建て延べ907平方メートル、新橋総合事務所がRC造6階塔屋1階建て延べ2966平方メートル、東京乗車券管理センターがS造3階塔屋1階建て延べ634平方メートル。各施設とも石綿除去工事を行う。
 複合施設の開発計画は、ホテル・オフィス・商業施設が入る高さ122メートルの高層棟(地下2階地上26階建て)、劇場棟(地下1階地上6階建て)、駐車場棟(地下1階地上10階建て)の3棟で構成。構造はS・SRC・RC造で、3棟の総延べ床面積は10万8500平方メートルとなる。施工者は未定。設計はジェイアール東日本建築設計事務所が担当している。

JR東日本/竹芝ウォーターフロント開発(東京都港区)/清水建設で四季劇場解体着手

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

    東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  4. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  5. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】大人の女性の本当の声を届けたい……COAKI

  6. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  7. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  8. 【地方発ヒット商品の裏側】水管理システムとシートシャッター、その共通点とは? ……小松電機産業

  9. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  10. 【地方発ヒット商品の裏側】精密機器メーカーが国内唯一の「ハンドベル」を作るようになった理由――群馬県・アプリ

アクセスランキングをもっと見る

page top