建設関連企業、東京都の「時差Biz」に賛同/時差出勤やテレワークなど 画像 建設関連企業、東京都の「時差Biz」に賛同/時差出勤やテレワークなど

制度・ビジネスチャンス

 働き方改革の一環として東京都が呼び掛けた「時差Biz(ビズ)」。通勤ラッシュを緩和するため11日にスタートする取り組みに約230社が賛同を表明し、建設関連業界からも複数の企業が名乗りを上げた。25日までの2週間、快適に通勤できる環境づくりに向け、時差出勤やテレワークなどの施策を集中的に展開する。
 都の時差Bizホームページで参加者として公表されている建設関連企業・団体は20を超える。「都の趣旨に賛同できたので参加を決めた」(首都高速道路会社)という企業は多い。
 大成建設は18~24日の1週間、午前8時~午後4時45分の変則勤務を試行する。実際に勤務時間を変更するかどうかは各部・室が決定。試行後に実施状況などを調査し、「時差通勤にどう取り組むか検討する」としている。鹿島は7月、現場を含め東京地区で働く約5000人を対象に、コアタイムを定めたフレックス勤務制度を試験導入。課題や効果を洗い出し、今後の働き方改革に役立てる。大林組は6月から、都内で施工している建築・土木のモデル現場で時差出勤を実施、工期内は取り組みを継続する。
 戸田建設は6月21日から勤務時間を30分繰り上げるサマータイムを実施中。9月20日までの3カ月間、勤務時間を午前8時~午後5時に変更している。各月の最終金曜日に仕事を早めに切り上げる取り組みも、17年度内は継続実施を決めている。
 建設技術研究所は時差Biz期間中、「朝型勤務制度」の活用を社員に奨励。業務量が多く残業が不可避な場合に、午前5~8時の早朝出勤に対する時間外手当割増率を通常よりアップする。早朝出勤者の行動予定を管理職が確認することで長時間勤務を抑制するという。
 森ビルも時差Bizへの参画に合わせて早朝出勤を試行導入する。コーポレート部門に所属する100人程度の社員が対象。午前7時30分、8時、8時30分という3段階の始業時刻を用意し、本人の希望などに応じて出勤をずらす。始業時刻の柔軟な運用は、日本建設業連合会(日建連)関東支部も予定。時差Biz期間中、職員が業務状況を自ら判断して通常は午前9時の始業時刻を早めたり遅らせたりする。日本設計は時差出勤や朝型・在宅勤務などで都の活動に協力する。
 24日には都内で一斉にテレワークを実施する「テレワーク・デイ」が総務省などの主催で行われる。清水建設や五洋建設、東急建設などゼネコン各社が参加を表明。在宅勤務やサテライトオフィス勤務を行い、大規模実施が可能な企業では効果を測定する。
 生産性向上などによって長時間労働を解消する取り組みは産業界の最重要課題になっている。都が主導する時差Bizが働き方改革につながっていくか、動向を注視する必要がありそうだ。

建設関連企業/東京都の「時差Biz」に賛同/快適通勤を後押し、働き方改革にも連動

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. ~健康経営が生む新ビジネス:3~オフィス訪問の野菜販売が好調!

    ~健康経営が生む新ビジネス:3~オフィス訪問の野菜販売が好調!

  2. 選挙戦スタート、各党の建設業界の課題への対応は?

    選挙戦スタート、各党の建設業界の課題への対応は?

  3. 豆腐業界が初の定義、大豆10%以上「とうふ」/「品質」明確に安売りを防止

    豆腐業界が初の定義、大豆10%以上「とうふ」/「品質」明確に安売りを防止

  4. ミズノ、作業服事業に本格参入/19年度に25億円目標

  5. 来年の税務処理・確定申告は簡単になる?―― 「弥生」シリーズが証票OCR、クラウドに対応

  6. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  7. 建設進む北海道新幹線、国内最長の陸上トンネル誕生へ!

  8. 環七地下広域調節池の石神井川区間を工事。集中豪雨にも効果を発揮!

  9. ジビエのトレーサビリティー、業界で統一流通ルール

  10. 新さっぽろ駅周辺地区開発、大学・ホテル・医療施設も

アクセスランキングをもっと見る

page top