三菱地所レジデンス、再開発やマンション建替事業拡大/売上ベースで20~30%に 画像 三菱地所レジデンス、再開発やマンション建替事業拡大/売上ベースで20~30%に

制度・ビジネスチャンス

 三菱地所レジデンスの脇英美社長は10日、日刊建設工業新聞らのインタビューに応じ、再開発事業とマンション建て替え事業を拡大させる方針を明らかにした。両事業の売り上げに占める割合を現在の15%から、20~30%に伸ばしたい考え。駅近くなど好立地は他社との競争が激化し、土地の仕込みが困難になっていることから、既存の土地を活用できる再開発や建て替えの需要を捉える。脇社長は「単純に用地を買って開発するのではなく、何らかの手を加え、お客さまにソリューションを提供できるような開発を大事にしていきたい」と意気込んでいる。
 同社は、ソリューションを提供する開発の一環で、管理組合が進める東京都新宿区の「メゾンドール早稲田建替計画」に参加組合員・事業協力者として参画している。同計画は民間分譲マンションと隣接する国有地を一体開発する国内初の建て替え事業だが、国有地との一体建て替えを提案したのは同社だったという。単独建て替えでは、容積率の積み増しはできなかったが、国有地を用地に加えたことで、事業規模を拡大することに成功した。
 再開発や建て替え事業は権利者との合意形成に時間を要することから、「皆さんに納得いただけるように」(脇社長)配慮しながら事業を推進する。

三菱地所レジ/再開発・マンション建替事業拡大/売上ベースで20~30%に

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円

    【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円

  2. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  3. 桜美林学園、町田市に新キャンパス整備/土地は市から50年間の借り受け

    桜美林学園、町田市に新キャンパス整備/土地は市から50年間の借り受け

  4. 東急不動産、用地・工事コストなど高止まりを受けて投資計画見直しへ

  5. ~あたらしい訪問型ビジネス:1~老人ホームが薬局の“顧客”になる日

  6. 国交省が土木標準歩掛かりで、16年度に新規6工種を制定。維持修繕で2工種追加

  7. 新国立競技場の新整備計画は今秋までに、首相表明

  8. 富山・伏木富山港へ拠点移行する荷主に奨励金、最大200万円

  9. 国交省が自治体の「歩切り」全面廃止を達成、残り3団体が見直し表明

  10. 雪や風に負けない、木造構造のビニールハウス/広島県廿日市市

アクセスランキングをもっと見る

page top