米袋がリサイクルで素敵なバッグに!/コンドワバッグ 画像 米袋がリサイクルで素敵なバッグに!/コンドワバッグ

人材

 徳島市の知的障害者自立・就労支援事業所「れもん徳島アートスタジオ」で、利用者が使用済み米袋をリサイクルした丈夫なバッグ作りに打ち込んでいる。

 米穀店から集めた米袋を切り開き、口の広いバッグの形にミシンで縫製。柿渋の上に蜜ろうを塗り重ねて水に強くした。軽くて頑丈で、重さ6キロまでの荷物を運べる。

 製造は山崎万由美さん(20)ら5人が担当する。全て手作業で完成まで3週間かかる。山崎さんは「布と違って縫い直せないので何度も点検しながら作る」と話す。

 同施設では、利用者が雑貨製造などで収入を得ている。職員の折野百合さん(50)が「魅力的な商品で利用者の手取りを増やしたい」と、このバッグを発案。米袋が“今度はバッグに”との意味を込めて「コンドワバッグ」と名付け、2014年10月に売り出すと、人気を呼んだ。これまでに600個を生産し、予約も抱える。価格は2000円から。徳島市や鳴門市の雑貨店などで販売している。(木村泰之)

[活写] 米袋 今度は、バッグ

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 2015年版、日本の労働生産性・全要素生産性にみる日本の中長期の課題

    2015年版、日本の労働生産性・全要素生産性にみる日本の中長期の課題

  2. ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」骨太に描かれる若者の“労働観”

    ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」骨太に描かれる若者の“労働観”

  3. 迫る中小経営者の大量引退時代、廃業ラッシュは食い止められるか?

    迫る中小経営者の大量引退時代、廃業ラッシュは食い止められるか?

  4. ~社歌コン 応募社の横顔:5~朝礼を変えたラップ社歌-岡山のOA販売

  5. 建設コンサルの長大、働き方改革めざしワーキンググループ設置

  6. 小売業やサービス業の接客対応、“おもてなし”を英語でマスター

  7. ~HANJO女子~橋梁工事は1ミリを大事にする仕事/三井住友建設 鶴見知香さん

  8. 2016年新卒、就職人気企業ランキングまとめ

  9. 「働き方改革」国交相との意見交換、トラック・バス・タクシー自動車運送事業者団体の主張

  10. 中部整備局、三重県でICT講座開く/高校生が最新測量技術学ぶ

アクセスランキングをもっと見る

page top