米袋がリサイクルで素敵なバッグに!/コンドワバッグ 画像 米袋がリサイクルで素敵なバッグに!/コンドワバッグ

人材

 徳島市の知的障害者自立・就労支援事業所「れもん徳島アートスタジオ」で、利用者が使用済み米袋をリサイクルした丈夫なバッグ作りに打ち込んでいる。

 米穀店から集めた米袋を切り開き、口の広いバッグの形にミシンで縫製。柿渋の上に蜜ろうを塗り重ねて水に強くした。軽くて頑丈で、重さ6キロまでの荷物を運べる。

 製造は山崎万由美さん(20)ら5人が担当する。全て手作業で完成まで3週間かかる。山崎さんは「布と違って縫い直せないので何度も点検しながら作る」と話す。

 同施設では、利用者が雑貨製造などで収入を得ている。職員の折野百合さん(50)が「魅力的な商品で利用者の手取りを増やしたい」と、このバッグを発案。米袋が“今度はバッグに”との意味を込めて「コンドワバッグ」と名付け、2014年10月に売り出すと、人気を呼んだ。これまでに600個を生産し、予約も抱える。価格は2000円から。徳島市や鳴門市の雑貨店などで販売している。(木村泰之)

[活写] 米袋 今度は、バッグ

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか/第3回 働き続けられる環境を整備する

    旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか/第3回 働き続けられる環境を整備する

  2. 【中小企業の『経営論』】第7回:若手定着のポイントとは

    【中小企業の『経営論』】第7回:若手定着のポイントとは

  3. 看護職の魅力伝える 看護師が高校で出前授業

    看護職の魅力伝える 看護師が高校で出前授業

  4. 建設業界の女性採用積極化、全建会員13%で「増加」

  5. 建設業界、10年越しの人材不足問題、官民一体の構想始まる!

  6. 土木技術者女性の会/女子学生向け就職支援冊子作成/建設業への入職促進へ

  7. 国交省/技術者制度検討会が取りまとめ案/高い能力持つ技術者育成へ

  8. 文科省の留学促進事業、高校生は1.7倍の門

  9. 「中小企業の《経営論》」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  10. 女子パトレンジャー結成!女性目線で作業環境改善/加藤建設(愛知県蟹江町)

アクセスランキングをもっと見る

page top