野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円 画像 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

制度・ビジネスチャンス

 野村不動産は、東芝から取得した東芝青梅事業所跡地(東京都青梅市、約12ヘクタール)に3棟の物流施設を順次整備する。9月には初弾として延べ約6万平方メートル規模の施設の建設工事に取り掛かる。設計・施工は錢高組が担当。18年9月の竣工を目指す。このほか2棟の設計・施工者は未定で建物規模も検討中だが、いずれも20年6月の竣工を予定している。建設地では大成建設の施工で既存施設の解体が進められている。
 同事業所跡地の所在地は青梅市末広町2の9(敷地面積11万9965平方メートル)。首都圏中央連絡自動車道(圏央道)青梅インターチェンジ(IC)近くで、JR青梅線小作駅の北東側に位置する。
 初弾の事業名称は「(仮称)Landport青梅i新築工事」。約4ヘクタールの敷地に、3階建て延べ5万9118平方メートル規模の物流施設を建設する。構造は柱がRC造、梁がS造。最高高さは25・7メートルとなる。「同青梅ii」「同青梅iii」のプロジェクトも進行中で、建物規模や着工時期などのスケジュールを検討している。
 既存施設(10棟、総延べ床面積10万5000平方メートル)の解体や土壌対策工事は東芝が進める。いずれの工事も施工は大成建設が担当。18年3月末には完了する予定だ。
 同事業所は1968年に設立し、ワープロやパソコン、映像機器などの開発拠点としてさまざまな商品を生み出してきた。東芝は資産効率化に向けて同事業所を売却する方針を固め、野村不動産に約100億円で土地を売却。16年12月には土地売買契約を結んだ。事業所は3月末に閉鎖した。

野村不/東芝青梅事業所跡開発/物流施設3棟を順次建設、初弾は錢高組で9月着工

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. マイナンバーを確実に破棄、世界最小細断シュレッダー「極美」シリーズ

    マイナンバーを確実に破棄、世界最小細断シュレッダー「極美」シリーズ

  2. 政府、東京五輪後の景気対策、インフラ整備など大規模プロジェクトに重点

    政府、東京五輪後の景気対策、インフラ整備など大規模プロジェクトに重点

  3. 従業員に「活力」と「健康」を――オムロン「GENKIプロジェクト」

    従業員に「活力」と「健康」を――オムロン「GENKIプロジェクト」

  4. ~規制緩和が生む新観光業:3~高単価ガイドツアーが売れる理由

  5. 誘因(給与)と貢献(労働)のバランスをどう取ればいいのか?

  6. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  7. 名古屋市が千種区役所を改築、17年度に調査着手

  8. 大阪市の市営地下鉄や市営バス、民営化も公営時代のサービスを維持

  9. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

  10. 東保証4~9月の取扱実績/請負額1・6%減/中小規模案件の減少目立つ

アクセスランキングをもっと見る

page top