「日本人は寿司でしょう!」宅配ロボットによる宅配実証実験へ 画像 「日本人は寿司でしょう!」宅配ロボットによる宅配実証実験へ

IT業務効率

ZMPと、宅配寿司「銀のさら」を運営するライドオン・エクスプレスは7月13日、小型の自動走行宅配ロボット『CarriRo Delivery(キャリロデリバリー』を利用した寿司の宅配サービスの実証実験を実施することを発表した。まずは私有地内や、道路使用許可を得たうえで実験を開始する。

実現に向けては、キャリロデリバリーが歩道を走る際の法規制にハードルがあるという。ZMPの谷口恒社長は、「キャリロデリバリーを小型特殊車両扱いとするとハードルが多い。最大速度6km/hで、歩道を走るキャリロデリバリーは、シニアカーと同じスペックなので、シニアカー扱いにしてもらえるよう各省庁と相談しているところだ」と説明した。

谷口社長は海外の事例にも触れ、「宅配ロボの実験が海外では多数始まっている。特にピザの宅配ロボットが多いが、日本人は寿司でしょう!」と会場の笑いを誘った。

また質疑応答では、ドローンによるデリバリーとの競合について、「ドローンは重いものが苦手。例えば寿司10人前を運ぶとなると、相当大きなドローンが必要になる。また宅地だと電線を避けることも考えなければならない。当社でも『エアロセンス』でドローン事業に取り組んでいるが、緊急時に医薬品を運ぶなど、役割は棲み分けられている」と説明した。


続いて、ZMPと提携したライドオン・エクスプレスの江見朗社長が登壇し、「フードデリバリーの課題は宅配コスト。当社はこれまで宅配コストを抑えるために様々な工夫をしてきたが、今回の提携はこの課題を解決するものだ」と期待を寄せた。

また、宅配ロボットのコストについて質問を受け、「キャリロデリバリーを量産できるかどうかがポイントになる。あとは、現在の宅配にかかる人件費、機材費と償却コストの兼ね合いになるが、充分行けるのではないかと考えている」と見通しを語った。
《佐藤耕一》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  2. ~ポストものづくり時代:1~伝統工芸を現在とシンクロさせる

    ~ポストものづくり時代:1~伝統工芸を現在とシンクロさせる

  3. ~ポストものづくり時代:2~“山間辺地へ通勤”に将来性あり

    ~ポストものづくり時代:2~“山間辺地へ通勤”に将来性あり

  4. 産学官の新たなプロジェクトはじまる……ひの@平山小

  5. ユーザーに利便性を、ECサイトに売上をもたらすフィンテック

  6. 農業・手作業だった誘引作業を簡単に行える機械が登場!

  7. 「Maisart~コンパクトなAI技術を推進」三菱電機 柵山社長

  8. 富士電機の”ヒータ電力を使わない自販機”はどうやって誕生したか

  9. 【3Dプリンターと製造業:1】経費削減から自社ブランドの可能性まで

  10. 鹿島、中間貯蔵施設向け森林伐採システムを開発……重機遠隔操作で被ばく低減

アクセスランキングをもっと見る

page top