ライドシェア解禁は「極めて慎重な検討が必要」/国土交通白書 画像 ライドシェア解禁は「極めて慎重な検討が必要」/国土交通白書

制度・ビジネスチャンス

国土交通省は、2016年度国土交通白書でライドシェアへの対応として「極めて慎重な検討が必要」とした。

自家用車を使った「ライドシェア」は、米国や中国で普及している。国土交通省では、運行管理や車両整備について責任を負う主体を置かないまま、自家用車のドライバーのみが運送責任を負う形態が前提で、こうした形態の旅客運送を有償で行うことは、安全の確保、利用者保護の観点から問題があり、極めて慎重な検討が必要としている。

また、ICT活用による利便性や生産性の向上を図ることは重要で、「タクシーにおけるスマートフォンの配車アプリの活用による運賃事前確定サービス」や「相乗りサービス」を推進していく方針を示した。

ライドシェア解禁は「極めて慎重な検討が必要」---国土交通白書

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 納豆市場が急成長! 16年、過去最高の2140億円/「国産使用」後押し

    納豆市場が急成長! 16年、過去最高の2140億円/「国産使用」後押し

  2. ■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス

    ■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス

  3. 宮崎県/防災拠点庁舎建設3件入札公告/建築はWTO対象

    宮崎県/防災拠点庁舎建設3件入札公告/建築はWTO対象

  4. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  5. 農業生産工程管理(GAP)専用売り場広がる/付加価値商品としてPR

  6. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

  7. 若者の米離れ、週1回以上は21%、「食べない」は何%?

  8. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  9. 老舗の小さな商店はなぜ生き残れるのか?

  10. ~健康経営が生む新ビジネス:3~オフィス訪問の野菜販売が好調!

アクセスランキングをもっと見る

page top