ライドシェア解禁は「極めて慎重な検討が必要」/国土交通白書 画像 ライドシェア解禁は「極めて慎重な検討が必要」/国土交通白書

制度・ビジネスチャンス

国土交通省は、2016年度国土交通白書でライドシェアへの対応として「極めて慎重な検討が必要」とした。

自家用車を使った「ライドシェア」は、米国や中国で普及している。国土交通省では、運行管理や車両整備について責任を負う主体を置かないまま、自家用車のドライバーのみが運送責任を負う形態が前提で、こうした形態の旅客運送を有償で行うことは、安全の確保、利用者保護の観点から問題があり、極めて慎重な検討が必要としている。

また、ICT活用による利便性や生産性の向上を図ることは重要で、「タクシーにおけるスマートフォンの配車アプリの活用による運賃事前確定サービス」や「相乗りサービス」を推進していく方針を示した。

ライドシェア解禁は「極めて慎重な検討が必要」---国土交通白書

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. ゼネコン大手26社/17年4~12月期決算/民需足場に14社が受注増

    ゼネコン大手26社/17年4~12月期決算/民需足場に14社が受注増

  2. 政府、東京五輪後の景気対策、インフラ整備など大規模プロジェクトに重点

    政府、東京五輪後の景気対策、インフラ整備など大規模プロジェクトに重点

  3. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

    道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  4. 事業承継税制が大幅に改正される

  5. ~あたらしい訪問型ビジネス:1~老人ホームが薬局の“顧客”になる日

  6. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  7. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  8. 兵庫県小野市の市場地区新産業団地整備/企業進出ニーズ高く、一部変更へ

  9. 桜美林学園、町田市に新キャンパス整備/土地は市から50年間の借り受け

  10. 朝ドラ「わろてんか」に“働き方改革”の原点を見出す

アクセスランキングをもっと見る

page top