ライドシェア解禁は「極めて慎重な検討が必要」/国土交通白書 画像 ライドシェア解禁は「極めて慎重な検討が必要」/国土交通白書

制度・ビジネスチャンス

国土交通省は、2016年度国土交通白書でライドシェアへの対応として「極めて慎重な検討が必要」とした。

自家用車を使った「ライドシェア」は、米国や中国で普及している。国土交通省では、運行管理や車両整備について責任を負う主体を置かないまま、自家用車のドライバーのみが運送責任を負う形態が前提で、こうした形態の旅客運送を有償で行うことは、安全の確保、利用者保護の観点から問題があり、極めて慎重な検討が必要としている。

また、ICT活用による利便性や生産性の向上を図ることは重要で、「タクシーにおけるスマートフォンの配車アプリの活用による運賃事前確定サービス」や「相乗りサービス」を推進していく方針を示した。

ライドシェア解禁は「極めて慎重な検討が必要」---国土交通白書

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. JR東海のリニア新幹線、川崎市麻生区に都市部トンネル

    JR東海のリニア新幹線、川崎市麻生区に都市部トンネル

  2. 建機大手4社の16年4~9月期決算、全社が減収・営業減益

    建機大手4社の16年4~9月期決算、全社が減収・営業減益

  3. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  4. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  5. ~あたらしい訪問型ビジネス:2~美容サロンが育児ママを救う!

  6. 関東整備局長 泊宏氏が就任会見/基幹事業を強力推進

  7. 【解決!社長の悩み相談センター】第16回:ボランティア活動でも課税されることがある?

  8. 新さっぽろ駅周辺地区開発、大学・ホテル・医療施設も

  9. 名古屋港のポートアイランド、活用策を探る

  10. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

アクセスランキングをもっと見る

page top