ライドシェア解禁は「極めて慎重な検討が必要」/国土交通白書 画像 ライドシェア解禁は「極めて慎重な検討が必要」/国土交通白書

制度・ビジネスチャンス

国土交通省は、2016年度国土交通白書でライドシェアへの対応として「極めて慎重な検討が必要」とした。

自家用車を使った「ライドシェア」は、米国や中国で普及している。国土交通省では、運行管理や車両整備について責任を負う主体を置かないまま、自家用車のドライバーのみが運送責任を負う形態が前提で、こうした形態の旅客運送を有償で行うことは、安全の確保、利用者保護の観点から問題があり、極めて慎重な検討が必要としている。

また、ICT活用による利便性や生産性の向上を図ることは重要で、「タクシーにおけるスマートフォンの配車アプリの活用による運賃事前確定サービス」や「相乗りサービス」を推進していく方針を示した。

ライドシェア解禁は「極めて慎重な検討が必要」---国土交通白書

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

    お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

  2. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

    リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  3. 中堅企業の33%「兼業・副業OK」 大企業より柔軟/アメリカン・エキスプレス・インターナショナル調査

    中堅企業の33%「兼業・副業OK」 大企業より柔軟/アメリカン・エキスプレス・インターナショナル調査

  4. 知らなかった! お客さまの心をつかむ有効なPRメディアとは?

  5. 生鮮品宅配に異業種続々! 外食チェーン、家電量販が参入

  6. 「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

  7. シェア経済市場、2021年度に1070億円/ライドシェア解禁が市場拡大の鍵

  8. 【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円

  9. 「夏越(なごし)ごはん」を知っていますか? 中食や外食で人気急上昇中

  10. イチゴ授粉に期待の助っ人! ミツバチ代わりの「ヒロズキンバエ」とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top