東京オリンピック、埼玉県鶴ヶ島市、ミャンマーのホストタウンに 画像 東京オリンピック、埼玉県鶴ヶ島市、ミャンマーのホストタウンに

インバウンド・地域活性

人的・経済的・文化的な相互交流
埼玉県鶴ヶ島市は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて政府が推進する「ホストタウン」に正式登録された。相手国はミャンマーで、ミャンマーを相手国としたホストタウンの登録は国内で初めてだという。

ホストタウンとは人的・経済的・文化的な相互交流を図ることを目的とした国の制度で、大会参加国の人々との交流を通じて、外国を知り日本を伝えるというものだ。

また、オリンピアンとの交流を通じてスポーツの素晴らしさを学んだり、パラリンピアンとの交流を通じて共生を学んだりするという。

すでにミャンマーとの結びつきがあった鶴ヶ島市
鶴ヶ島市はこれまで、市内にある「今泉記念ビルマ奨学会」によるミャンマー人留学生の支援や、市国際交流協会が中心となり、市民から寄付された文房具を寄贈するなど数々の支援活動が行われ、すでにミャンマーとの接点がある。

また、鶴ヶ島市が相互連携協力に関する協定を締結した「学校法人城西大学」は、ヤンゴン外国語大学との学術交流などにより、ミャンマー人留学生を受け入れているという。

同市はホストタウン登録を機に、ミャンマーからの視察団受け入れや、市民が気軽に参加できるミャンマー料理教室やスポーツ教室などのイベントも開催する。

鶴ヶ島市は今後、今泉記念ビルマ奨学会、スポーツ施設がある学校法人城西大学と連携・協力を続け、将来的には民間レベルでの経済交流や支援活動が行われることを望んでいるという。

(画像は鶴ヶ島市より)

【東京オリンピック】鶴ヶ島市、ミャンマーのホストタウンに

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 知られざる“爆売れ”、その理由は?/インバウンド・観光ビジネス総合展

    知られざる“爆売れ”、その理由は?/インバウンド・観光ビジネス総合展

  4. 8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

  5. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  6. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  8. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  9. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  10. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

アクセスランキングをもっと見る

page top