宮崎県/防災拠点庁舎建設3件入札公告/建築はWTO対象 画像 宮崎県/防災拠点庁舎建設3件入札公告/建築はWTO対象

制度・ビジネスチャンス

 宮崎県は13日、「平成29年度宮崎県防災拠点庁舎建設主体工事」の一般競争入札(WTO対象)、「同電気工事」と「同空調工事」の条件付き一般競争入札2件を公告した。
 加算点20点満点の総合評価方式を採用。主体工事は参加資格確認申請書などを31日まで、技術申請書を8月17日まで受け付け、配置予定技術者に対するヒアリングを行い、10月4日午前9時まで入札書を受け付け同10時に開札する。電気工事と空調工事は8月8日まで参加資格確認申請書を受け付けヒアリングを行い、9月29日から10月2日午前9時まで入札を受け付け同10時以降に順次開札する。入札結果の公表は同10日以降を予定している。
 建設主体の資格要件は建築一式工事の3者JV。代表構成員は総合評定値が1200点以上で02年度以降に完成した1棟延べ1万2000平方メートル以上の免震構造の建築物の建築一式工事(改修を除く)の元請施工実績があること。第2構成員は総合評定値が950点以上、第3構成員は同850点以上など。
 電気工事の資格要件は県内に営業所があり、その営業所が本店以外の場合は準県内業者の認定を受けた電気工事A級の3者JVで代表構成員は総合数値が1100点以上など。
 空調工事の資格要件は県内に営業所があり、その営業所が本店以外の場合は準県内業者の認定を受けた管工事の3者JVで代表構成員は総合数値が1000点以上など。別途、10月に管工事の入札公告を予定しているが、空調工事の落札者は管工事を落札できない。
 規模は防災拠点庁舎S一部RC造地下1階地上10階建て延べ2万4023平方メートル、接続棟S造平屋277平方メートル、駐車場同120平方メートル。工期19年11月2日。場所は宮崎市橘通東1丁目。
 設計担当は山下設計・岩切設計・ごとう計画・設計JV。

宮崎県/防災拠点庁舎建設(宮崎市)3件入札公告/建築はWTO対象

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円

    【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円

  2. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  3. 東京都/入札契約制度改正/予定価格の事後公表原則化、JV結成義務を撤廃

    東京都/入札契約制度改正/予定価格の事後公表原則化、JV結成義務を撤廃

  4. 意外と知らない(経営者なら知っておくべき)「法人格」ってなに?

  5. 上場ゼネコン4社4~6月期決算、民間建築受注好調で土木の落ち込みをカバー

  6. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  7. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  8. ブドウ「シャインマスカット」大ヒット! 世界規模の人気

  9. 農業生産工程管理(GAP)専用売り場広がる/付加価値商品としてPR

  10. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

アクセスランキングをもっと見る

page top