JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに 画像 JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

インバウンド・地域活性

 JR東日本は、上野駅公園口(東京都台東区)の移設工事に着手する。このほど整備計画の概要が固まり、日暮里方面側に新設する改札口側に構築する人工地盤の杭工事を近く開始する。施工は鉄建建設が担当する。引き続き詳細計画の検討を進め、都や区と連携して周辺区域も含めた安全・安心で快適な空間づくりに取り組む。東京五輪開催に合わせ、20年7月の供用開始を目指している。
 上野駅公園口は、さまざまな文化施設が集積する都立上野恩賜公園につながる主要な玄関口としての役割を担っている。現在の公園口改札から上野公園に向かう歩行者動線を見ると、改札口の前を横切る区道を渡った先の正面に東京文化会館があり、円滑な動線確保の面で課題が指摘されていた。
 公園口の整備計画では、改札口を現在の位置から約90メートル日暮里側に移設し、公園口から上野動物園方面までを一直線で結ぶ歩行者動線・空間を創出する。人工地盤などの大規模な土木工事を実施することから、並行して行うホームドアの設置工事への影響を最小限に抑えながら移設工事を進める。
 来園者の安全確保を目的に、公園入り口の広場整備と公園内道路のロータリー化を都が、現在一方通行となっている公園口前の区道の相互通行化を区がそれぞれ進める。

JR東日本/上野駅公園口移設計画/人工地盤の基礎工事着手、施工は鉄建建設

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  4. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  5. 殿町「羽田連絡道路」が起工、国際競争力の強化に期待

  6. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  7. みなとみらい21の大規模複合ビル計画、JR横浜駅からペデストリアンデッキで接続

  8. 佐賀唐津道路「多久市~佐賀市」の都市計画決定が告示

  9. ファッションアイテムとして定着……国内メガネ市場、4年連続でプラス成長

  10. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

アクセスランキングをもっと見る

page top