「ご当地おにぎり」トランプが人気! 女性客や訪日外国人 画像 「ご当地おにぎり」トランプが人気! 女性客や訪日外国人

インバウンド・地域活性

 徳島はスダチ、栃木はかんぴょう――。全都道府県の名物を使った“ご当地おにぎり”を描いたトランプが人気だ。

 東京都渋谷区の玩具・雑貨会社アイアップの製品で、「おにぎりトランプ日本全国版」。一辺約10センチの正三角形のカード54枚に、裏面はのりを巻いた同じおにぎりを印刷。表面に具が見える状態の写真と、マークや数字を入れた。

 表では材料なども解説。例えば青森の「菊香りおにぎり」は、ゆでた食用菊と、エダマメとシメジのいり煮の混ぜご飯を握っている。2枚のジョーカーは海外から伝わったキムチとチーズが具だ。

 旅行中などに遊ぶグッズとして女性に受け、これまでに約1万セットを販売。最近は土産に買う訪日外国人が多いという。

 開発に携わった同社の波賀麻里帆さん(34)は「めくって遊んで郷土の魅力を見直してほしい」と話す。価格は1512円。(木村泰之)

[活写] めくると古里 未知の味?

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  2. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  3. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

    高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  4. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. みなとみらい21の大規模複合ビル計画、JR横浜駅からペデストリアンデッキで接続

  7. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  8. 共通する事業理念で汚泥処理からダチョウ飼育まで…周南市のある会社の取り組み

  9. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  10. 「コナミクリエイティブセンター銀座」、スマホ向けゲームの開発拠点に!

アクセスランキングをもっと見る

page top