熊谷組、音声入力アプリで水準測量作業を効率化!測量から結果出力までがiPad一つで 画像 熊谷組、音声入力アプリで水準測量作業を効率化!測量から結果出力までがiPad一つで

IT業務効率

 熊谷組は5日、音声入力機能を持つ水準測量支援アプリを開発したと発表した。標尺の読み値をタブレット型端末のipadに接続したマイク付きイヤホンに向かって読み上げるだけで地盤高などが自動計算され、データが保存される。野帳への記入や電卓による計算が不要で、測量から計算、結果出力までの作業がipad一つでできるため、水準測量作業の効率化が期待できる。
 同社は土木事業本部内に「スマートデバイス現場業務効率化ワーキンググループ」を立ち上げ、現場に勤務する40歳以下の社員全員にipadを配布するなど、15年から建設現場の生産性向上策を検討。この一環として、現場で日常的に行う水準測量作業の効率化に向け、昨年から支援アプリの開発を進めてきた。
 今回開発した「Voice Input System for Leveling(VOISL=ボイスル)」は、音声入力機能を持っているのが特徴。標尺を見ながら読み値を読み上げるだけで電子野帳に読み値が入力される仕組み。聞き取った数値をアプリが復唱するため、正確な数値を入力できる。
 入力数値から、機械高や地盤高を自動計算するほか、測定前に計画高を入力すると実測値との差も自動計算する。さらにipadに表示される図面に、測定位置などのメモを手書き入力することもでき、野帳代わりにもなる。
 計算結果はアプリ内やクラウドサーバーにデータとして保存されるため、事務所のパソコンなど遠隔地からでも確認できる。
 開発に当たっては東京都内の3現場で試行を実施。一連の水準測量作業をipad一つで行うことができ、測量と同時に正確な計算結果が算出されるため、従来と比べ、測量時間を30%程度短縮できたという。
 今後は順次全国の現場に展開しながらシステムの改良を図る。土木事業本部の梅村勝副本部長は「建築とも情報共有し必要に応じて建築現場にも展開させたい」と話しており、全社的な生産性向上につなげていく考えだ。

熊谷組/音声入力で水準測量作業を効率化/数値の読み上げで自動計算・データ保存

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. トヨタの考える次世代タクシーとは? 今年発売予定

    トヨタの考える次世代タクシーとは? 今年発売予定

  2. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

    すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

  3. 日野といすゞの新型観光バス、クラリオンの集中操作システムを採用

    日野といすゞの新型観光バス、クラリオンの集中操作システムを採用

  4. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:4

  5. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  6. テラモーターズがドローン測量で新会社設立。高精度3D図面提供、2haの作業1日で

  7. 君津市に全国最大級のドローン飛行場/アイネットら4者、ドローン事業包括受注へ

  8. 食と安全が生んだエームサービスの健康経営

  9. ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

  10. 【3Dプリンターと製造業:2】試作を超えた中小の活用術

アクセスランキングをもっと見る

page top