~HANJO女子~机で設計より現場に出たい/渡辺組 小林絢美さん 画像 ~HANJO女子~机で設計より現場に出たい/渡辺組 小林絢美さん

人材

 手の甲にメモ書きの跡がある。「よく動くので、会社に入ってから痩せました」とほほ笑む表情に、仕事に打ち込む真面目さがにじむ。
 街を歩いていて更地から建物が姿を現していくのが面白くて、建設業界に興味が湧いた。設計関係の専門学校を出て、入社から1年2カ月。学校の先輩も建設業界に就職したので、飛び込むのにハードルは感じなかったという。
 社内では4人の女性社員が現場で働く。「座って机で設計をするより、現場に出た方が工事のことがよく分かる」から現場が好きだ。最初は「人見知りが激しかったので、いろいろな人に話し掛けるのが苦手だった」と言うが、今春入社の新人が現場に配属される時期なので、先輩としてしっかりしたいと思っている。
 「コンクリートの躯体工事が終わり、型枠をばらして出来上がったものを見ると、感動します」。現在携わるのは神奈川県綾瀬市の福祉センターの現場。完成した建物を地域の人に利用してもらうのが楽しみだ。
 これからの目標は1級施工管理技士の資格を取ること。そのための勉強に打ち込みたいという。「業界全体ではまだ女性が少ないので、たくさん入ってきてほしい。『3K』というのはイメージだけ。実際は全然そんなことはない。思った以上に快適な職場です」。
 休日は愛犬の散歩やライブ、映画鑑賞を思い切り楽しんでいる。
 (こばやし・あみ)

凜/渡辺組工事部/小林絢美さん/机で設計より現場に出たい

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ドラマ「架空OL日記」を見て、OLの日常をしみじみ味わう

    ドラマ「架空OL日記」を見て、OLの日常をしみじみ味わう

  2. 「農業女子プロジェクト」とのコラボ28社、ヒット続々!

    「農業女子プロジェクト」とのコラボ28社、ヒット続々!

  3. ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」骨太に描かれる若者の“労働観”

    ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」骨太に描かれる若者の“労働観”

  4. 社員が見た社長の評価! 社長の自己評価と大きな差が

  5. 「中小企業の《経営論》」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  6. i-Con中部サポートセンター、初の女性技術者体験セミナー開く

  7. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  8. 社員のクチコミから「働きがいのある企業ランキング」が判明

  9. NHK大河『真田丸』最終回にビジネスパーソンが学ぶべきこと

  10. 現場で働く女性技術者のための休憩室「りんくるハウス」を設置/中部整備局愛知国道

アクセスランキングをもっと見る

page top