17年度建設投資、4.7%増見通し/2年連続増加、官民とも拡大 画像 17年度建設投資、4.7%増見通し/2年連続増加、官民とも拡大

制度・ビジネスチャンス

 国土交通省は6月30日、2017年度の建設投資が前年度を4・7%上回る54兆9600億円になるとの見通しを発表した。増加は2年連続。内訳は政府建設投資が22兆2300億円(前年度比5・4%増)、民間投資が32兆7300億円(4・3%増)。建設投資は10年度を底に増加、横ばいの傾向で推移している。見通し額は、02年度実績(56兆8401億円)に近い水準にまで回復することになる。
 建設投資見通しは、国内建設市場の規模とその構造を明らかにすることを目的に、1960年度から毎年度、集計・公表している。日本の全建設活動について出来高ベースの投資額を推計している。
 17年度投資額のうち、民間投資の内訳は、民間住宅建設投資が15兆9500億円(1・7%増)、非住宅建築と土木を合算した民間非住宅建設投資が16兆7800億円(6・9%増)となった。
 建築、土木ごとに見ると、建築は3年連続増加の30兆2200億円(3・5%増)。住宅が16兆7300億円(1・9%増)で3年連続の増加となり、うち政府は7800億円(5・4%増)。非住宅は13兆4900億円(5・6%増)で7年連続の増加となり、うち政府は2兆3000億円(5・4%増)、民間は11兆1900億円(5・6%増)となる見込み。
 土木は前年度の減少から増加に転じ、24兆7400億円(6・3%増)と見込む。政府投資は19兆1500億円(5・4%増)で、公共事業が16兆4400億円(5・4%増)、その他が2兆7100億円(5・4%増)となる。民間投資は5兆5900億円(9・6%増)。

17年度建設投資、4・7%増見通し/2年連続増加、官民とも拡大/国交省

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

    国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  2. 今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

    今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

  3. 中部新国際空港沖の埋め立て事業、環境影響評価方法書の手続きを開始

    中部新国際空港沖の埋め立て事業、環境影響評価方法書の手続きを開始

  4. ESRが千葉県市川市に大型物流施設、コンセプトは「人に優しい設計」

  5. 知らなかった! お客さまの心をつかむ有効なPRメディアとは?

  6. 三井不動産が大規模物流施設事業を加速/年間400億円投資

  7. ドローン操縦士協会発足!2020年の経済効果は91兆3000億円!!

  8. 宮崎県/防災拠点庁舎建設3件入札公告/建築はWTO対象

  9. ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.2

  10. お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

アクセスランキングをもっと見る

page top