日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合 画像 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

インバウンド・地域活性

 公益財団法人の日本武道館は、2020年東京五輪の開催に合わせ計画している日本武道館(東京都千代田区北の丸公園2の3)の増築・改修工事の基本設計を終え、実施設計に着手した。設計業務は、現施設の設計を手掛けた山田守建築事務所に委託していることが分かった。18年中の増築工事の先行着手を目標に、18年3月末までの実施設計完了を目指す。増築・改修の完了は20年6月ごろとなる見通しだ。
 日本武道館は1964年に完成し、同年開催の東京五輪で柔道の競技会場となった。20年東京五輪では柔道のほか、空手の試合が行われる。
 館内にはメインの大道場のほかに練習施設が一つしかなく、参加選手の人数に対応できない恐れもあることから、本館南側の敷地に新たな練習施設として「中道場(仮称)」を増築する。本館側とは地下通路で連結し、移動の円滑化を図る。中道場にはドーピング検査室なども設ける方向だ。
 中道場の着工後、19年9月には本館を休館し、老朽化の懸念がある既存の大屋根などの改修工事に取り掛かる。日本武道館の担当者は「基本設計の完了で計画のアウトラインは固まった。計画詳細の公表は実施設計の進ちょくなど時機を見て判断する」と話している。
 現施設は地下2階地上3階建て延べ2万1133平方メートルの規模。固定席が1階に3199席、2、3階に計7846席あり、アリーナ席(仮設)は最大2946席。周辺部を含めた敷地使用面積は1万2625平方メートルとなっている。

日本武道館(東京都千代田区)/増築・改修へ実施設計着手/山田守建築事務所に委託

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  3. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  4. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  5. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  6. JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

  7. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  8. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  9. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  10. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

アクセスランキングをもっと見る

page top