そうめん、贈答品から日常食へ/パクチーやツナ缶など食べ方提案 画像 そうめん、贈答品から日常食へ/パクチーやツナ缶など食べ方提案

制度・ビジネスチャンス

 7月7日は「そうめんの日」。夏の食卓を彩るそうめんの需要は近年、中元など高額な贈答品から、手頃な価格の日常食へと変化している。製造や小売り、外食は底堅い日常食としての需要に商機を見いだし、コリアンダー(パクチー)など人気食材と組み合わせた新メニューの開発や食べ方提案に注力。販売拡大を狙う。

 コンビニエンスストアのローソンストア100(東京都品川区)は6月末、そうめんの新しい食べ方を提案するイベント「そうめん開き」を東京都内で行った。そうめん研究家のソーメン二郎氏が、パクチーやオリーブオイル、ツナ缶などと組み合わせたレシピを紹介。「楽しいメニュー提案で食べる機会を増やす」と強調した。

 同社は今夏、そうめんの麺、つゆ、薬味、トッピング用の食品を集めた提案型の売り場を全店で展開。「夏のそうめんは、そばやうどんの1.5倍売れる主力商品。食べ方提案で前年比10%増を目指す」(同社)と力を入れる。

 うどんチェーン「はなまるうどん」を展開する、はなまる(東京都中央区)は6月から「うどん県のそうめん」(480円)を始めた。そうめんの販売は初。香川産の乾麺(200グラム)を使い、「蒸し鶏の練り梅添え」など3種の薬味で味わう。「これまで中元需要が主流だったが、外食にもニーズがあると踏んだ」と同社。女性や子ども、年配者を中心に支持され、予想以上の売れ行きだという。7月末までの期間限定で提供する。

 日清食品(東京都新宿区)は先月、カップヌードル「そうめん 鯛(たい)だし柚子(ゆず)風味」(194円)を発売。2014年からそうめんをシリーズ化し、今年が第4弾。ユズは国産を用い、40、50代の客層向けに上質感を打ち出した。氷で冷やす食べ方も提案する。8、9月までの期間限定。「カップ麺で、そうめん商品の拡大を目指した。出足は非常に好調」と同社。

 全国乾麺協同組合連合会の安藤剛久専務は、そうめん消費について「贈答需要が低迷し、生産量はここ3年で4割減った」と指摘。その半面、「日常的に食べる需要は根強い。国産素材の使用など、品質と価格を高める取り組みが鍵となる」と話す。

そうめん 贈答品から日常食へ 外食、コンビニ 食べ方提案 需要拡大の鍵 品質と価格 

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

    学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

  2. 新さっぽろ駅周辺地区開発、大学・ホテル・医療施設も

    新さっぽろ駅周辺地区開発、大学・ホテル・医療施設も

  3. NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

    NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

  4. 筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

  5. JR東海のリニア新幹線、川崎市麻生区に都市部トンネル

  6. ドローン操縦士協会発足!2020年の経済効果は91兆3000億円!!

  7. 「2017年版 中小企業白書」と、創業支援策の課題(前編)

  8. 羽田連絡橋・新規整備へ。国家戦略特区プロジェクトの一環

  9. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  10. スーパー各社、総菜販売を強化、対面式で試食、“爆盛り”提供

アクセスランキングをもっと見る

page top