技研製作所/東証1部上場/アジア中心にグローバル展開 画像 技研製作所/東証1部上場/アジア中心にグローバル展開

海外進出

 6月30日付で東京証券取引所市場第1部指定を受けた技研製作所は同日、東京都中央区の同取引所で上場セレモニーを行った。北村精男社長が、東証の小沼泰之取締役兼常務執行役員から上場通知書と木づちを受け取り、森部慎之助取締役副社長らとともに上場の鐘を5回鳴らして今後の社業の繁栄を願った。
 セレモニー終了後に記者会見した北村社長は「自分で圧入という分野を作り、高知という地方都市に本社を構えるメーカーとして上場できたのは値打ちがあると思っている」と喜びを表した上で、今後の事業展開について「総合エンジニアリング企業としてグローバル展開していくことで会社の発展を見込んでいる。今後は7割の事業を海外で行っていく」と話し、アジアを中心に海外事業を拡大していく考えを表明した。
 同社は1967年に前身の「高知技研コンサルタント」を創業し、今年で50周年を迎えた。無公害杭圧入引き抜き機「サイレントパイラー」をはじめ、開発した圧入機、圧入工法は国内外の社会基盤整備や防災インフラの構築・補強工事で広く採用されている。
《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

    盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  2. アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

    アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

  3. ちよだ鮨、ベトナムに日本料理店。持ち帰りではなく、レストラン業態で

    ちよだ鮨、ベトナムに日本料理店。持ち帰りではなく、レストラン業態で

  4. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  5. 労働力・生産性・賃金でみる東アフリカとアジア市場

  6. 長大、ベトナムで地域創生支援事業展開、農業テーマパークも!

  7. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  8. 唐揚げ専門店「天下鳥ます」バンコクに出店、ブノンペンに続く2店目

  9. シンガポールで14.8万平米の大型病院建設、五洋建設が受注

  10. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

アクセスランキングをもっと見る

page top