日野といすゞの新型観光バス、クラリオンの集中操作システムを採用 画像 日野といすゞの新型観光バス、クラリオンの集中操作システムを採用

IT業務効率

クラリオンは6月28日、さまざまな機能を集中操作できる観光バス向け新型システムを開発、日野『セレガ』および、いすゞ『ガーラ』に採用されたと発表した。

新型システムは、これまで別々の機器として装着していたAV、マイクアンプ、地デジ、ラジオ、ナビゲーションなどの機能を一つのユニットにまとめることで省スペース化、運転席モニターのタッチパネルで集中操作することができる。加えて、最大3台のカメラが接続できる入力機能により、車両後方・側方の安全確認も運転席モニターで可能。ガイド席モニターでは、オーディオ、マイクなどの操作が行えるほか、USBメモリに記録されている観光情報、写真などのPDFやJPEGファイルを客席モニターを通し乗客に提供できる。

またクラリオン独自のフルデジタルサウンドシステム(FDS)も初めて標準採用される。乗客は、バス向けFDS専用エンクロージャーと音響チューニングを施したフルデジタル伝送によるクリアで高音質なサウンドを楽しむことができる。

なお、新型システムを装着する大型バスは、日野自動車といすゞ自動車の合弁会社ジェイ・バスが製造、7月3日に発売される。

日野といすゞの新型観光バス、クラリオンの集中操作システムを採用…FDSも標準装備

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  2. リニア新幹線に向けて回転水平多軸式連続壁機を開発!

    リニア新幹線に向けて回転水平多軸式連続壁機を開発!

  3. 沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

    沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

  4. 大林組、山岳トンネル切羽評価に人工知能を適用/ディープラーニングで専門家と同等の評価

  5. 日立建機、顧客ソリューション事業でICTやIoTを活用

  6. 【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

  7. 飛島建設、沖電気工業/現場監視システム開発に着手/映像認識活用、18年度実用化へ

  8. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:前編

  9. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  10. 外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(前編)

アクセスランキングをもっと見る

page top