米が主食の食事回数が過去5年で最多!既婚男女や単身女性の中食で増加 画像 米が主食の食事回数が過去5年で最多!既婚男女や単身女性の中食で増加

制度・ビジネスチャンス

 1週間(21食)のうち米を主食とする食事の回数が2017年は前年より0.08食増の13.76食となり、過去5年で最多となったことがJC総研の調査で分かった。既婚男女を中心に加工・調理済み食品の中食が増え、単身男性でパンなどからのシフトが進んだことが背景にある。

 調査は11回目。米を主食とする食事の回数は3年連続で増え、この5年間で0.46食伸びた。前年比でみると、単身男性が1.58ポイント増の13.63食と増加が目立った。節約志向で外食を控える一方、家庭で消費する傾向が強くなった。パンや麺といった米以外の主食が減ったことも影響した。

 既婚男女や単身女性では、家庭炊飯消費が減ったものの、パックご飯や冷凍ピラフなど米の加工品やコンビニエンスストアのおにぎりなど調理済み食品が伸びた。簡便志向が強まっている。

 JC総研は「米を主食で取る回数は増えたが、1回当たり食べる量は減っている。単純に米消費が伸びているとは言えない」と分析する。

 米を生鮮品として冷蔵庫で保存して消費する傾向も明らかになった。米購入時にこだわる点は、前年に続き「価格帯」が6割強と最も多かったが、「精米年月日」が3年連続で増加しており、鮮度重視の傾向もみられた。購入した米の保存方法では、常温保存が8割以上を占めたものの、冷蔵庫で保存するという回答が1割弱あり、増加傾向にある。JC総研は「米を生鮮品と考える意識が高まっている」と指摘する。

 米の消費行動調査は今年3月にインターネットで実施。全国の男女計2214人から回答を得た。

既婚男女 中食で増加 米が主食の食事回数 強まる簡便化志向 JC総研

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.2

    ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.2

  2. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

    日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  3. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

    原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  4. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  5. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  6. ~外国人技能実習生:1~受け入れを検討するタイミングはいま!

  7. 国交省・伊藤明子住宅局長が就任会見/急増する空き家などストック対策重視

  8. 三井不動産が大規模物流施設事業を加速/年間400億円投資

  9. ESRが市川市に東京湾岸地域で最大規模の物流施設。投資額800億円

  10. 群馬県川場村の木質バイオマス発電施設完成、地域資源で地場産業創出

アクセスランキングをもっと見る

page top