大分市の縫製業「ダイナン」、ミャンマーの実習生を受け入れ 画像 大分市の縫製業「ダイナン」、ミャンマーの実習生を受け入れ

人材

ホームページには、開校式の様子が掲載
大分市に本社を置き、縫製業を運営する株式会社ダイナンは6月22日、昨年に引き続き、今年もミャンマーからの外国人実習生を受け入れた件について、同社のホームページに掲載した。

同社の外国人実習生受け入れは、今回で20期目となる。

同社は、海外の労働者が日本の職業技術を習得する制度で、なおかつ国際協力に貢献する「外国人技能実習制度」を利用している。

5月20日に入国したミャンマーの実習生らは、現在同社にて研修中だ。同社のホームページには、実習生の開校式の様子が掲載されている。

実習生ら 大分銀行ドームでトリニータ戦を観戦
そのほか、6月9日に、実習生らが大分銀行ドームでサッカー観戦をした件についても、同社のホームページで紹介している。

同日には、大分トリニータの試合が行われたが、実習生らは、プロサッカーの試合を生で観戦できたことから、大いに盛り上がっていた。

実習生らは、同社で3年間にわたって研修する予定だ。同社は、新しい技術を積極的に学んでいる実習生らに対して、大きな期待を寄せている。そして、研修終了後、日本で学んだ技術を活かし、ミャンマーで活躍することも期待されている。

(画像は株式会社ダイナンより)

大分市の縫製業「ダイナン」 ミャンマーの実習生を受け入れ

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 事業承継の2017年問題:3 50代のうちに考えておかないと間に合わない

    事業承継の2017年問題:3 50代のうちに考えておかないと間に合わない

  2. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?(第1回 状況編)

    旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?(第1回 状況編)

  3. ~社内コミュニケーションの秘訣~不良を優等社員に変えた教育

    ~社内コミュニケーションの秘訣~不良を優等社員に変えた教育

  4. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?/第2回 働き方改革「10のキーワード」

  5. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  6. 「中小企業の《経営論》」第6回:辞めて行く社員に向き合うこれからの形

  7. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  8. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか/第3回 働き続けられる環境を整備する

  9. ~社内コミュニケーションの秘訣~工場ライブのエネルギー!

  10. 国交省 田村計 土地建設産業局長が就任会見/働き方改革、民間の理解と浸透広げる

アクセスランキングをもっと見る

page top