新国立競技場、屋根鉄骨工事に向け施工検証、始まる 画像 新国立競技場、屋根鉄骨工事に向け施工検証、始まる

インバウンド・地域活性

 日本スポーツ振興センター(JSC)が進めている新国立競技場(東京都新宿区霞ケ丘町10の1ほか)の整備事業で、設計・施工者の大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所JVが18年2月に始まる大屋根の鉄骨工事に向け、実寸大の部材を使った施工検証を行っている。品質・安全を確保しながら短工期で竣工させるため、施工計画や作業工程・手順などを事前に確認するのが目的。夏頃までに完了させる。
 新国立競技場の屋根部は108スパンの部材で構成。1スパン(付属設備除く)当たり全長60メートル、幅15メートル、重さ130トンの規模で、「根元鉄骨」と「ユニット鉄骨」で組成する。
 いずれの鉄骨も地組みする。根元鉄骨は競技場外側から300トンクローラークレーンでつり上げてスタンドの地上躯体に固定。
 ユニット鉄骨は競技場のフィールドに組み立てヤードを設け、14スパン分を同時に組み立てる。作業期間は1スパン当たり9日間を想定。組み終えたユニット鉄骨は、フィールドに設置した1000トンクローラークレーンで揚重し、根元鉄骨の先端に接合する。
 ユニット鉄骨には、下弦材と補強するラチス材の鉄骨に木材を地上ではめ込む方針。屋根下地(野地板)やキャットウオーク、スピーカーや照明機器などの設備も地上で組み込み、高所での作業量を低減する。
 工期は、根元鉄骨が18年2月初旬~同5月末、ユニット鉄骨が同5月初旬~19年2月末。屋根工事全体では同5月中の完了を目指す。
 大成建設JVは6月初旬から現場での検証を開始した。屋根部の北東側2スパンを検証のモデル範囲に位置付けた。同範囲は、屋根空洞部内周のカーブの開始地点で、むくりを持つため難工事とされる場所。実際の工事でもこの近辺から施工を進めるという。
 このほか、屋根部材の先端が設置後に自重で50センチ前後下がると見ており、その予測値と実際の変状の値も検証する。
 JSCが23日に開いた定期ブリーフィングで、小林祥二大成建設東京支店新国立競技場整備事業作業所長は「ユニット鉄骨の組み立てヤードは十分な広さがない。その中でいかに効率的にスムーズに施工を進めるかが工程を順守する上で最も重要。事前に検証することで今後の工事にフィードバックしていきたい」と語った。
 新国立競技場の規模はS一部SRC造地下2階地上5階建て延べ19万4000平方メートル。現在は、スタンド全面で地下部の基礎工事が進められており、スタンド西側の一部では床付け工事も進行中だ。19年11月末までの施設の完成・引き渡しを目指している。

新国立競技場/大成建設JV、屋根鉄骨工事に向け施工検証/作業工程・手順など確認

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

  3. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  4. 仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  5. スラムを住みたい街に変えた復興術-ジョンソンタウン編-

  6. ~地方発ヒット商品の裏側~町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  7. JR東日本「品川開発プロジェクト」で国際交流拠点を創出

  8. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  9. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  10. 【地方発ヒット商品の裏側】精密機器メーカーが国内唯一の「ハンドベル」を作るようになった理由――群馬県・アプリ

アクセスランキングをもっと見る

page top