トラック運送事業者の経営実態調査、物流需要好調で6年連続増収 画像 トラック運送事業者の経営実態調査、物流需要好調で6年連続増収

制度・ビジネスチャンス

帝国データバンクは、トラック運送業者の経営実態調査をまとめた。

トラック運送業者の2016年の倒産件数は176件で前年比17.0%の減少となった。2013年から3年連続減少、2017年も前年同月を下回って推移している。背景には、インターネット通販の拡大によって宅配便取扱個数が増加し、物流需要が増加したことなどがある。

帝国データバンクは、企業概要データベースの中から、2016年(1~12月期)決算の年収入高が1億円以上の国内のトラック運送業者を、総収入高とその推移、損益動向、規模別、業歴別、従業員数別に集計・分析した。トラック運送業者の経営実態調査は今回が初めて。

調査結果によると、2007年~2016年の年収入高が比較可能な1万6860社を対象に各年の年収入高合計をみると、2016年は前年比0.8%増の約20兆0760億円だった。2007年比では6.0%の増加。リーマン・ショックの影響などで2009年から2年連続で減収となっていたが、2010年の約17兆6985億円を底に、2011年以降、ネット通販の拡大による小口貨物個数の増加で6年連続で増収となっている。

2015年、2016年の当期純損益が比較可能な7665社をみると、2016年は6902社が黒字で全体の9割を占め、前年比2.5 ポイントの増加となった。赤字は763社にとどまった。

年商規模別に社数の分布をみると、「500億円以上」は35社で構成比が0.2%、「100億~500億円未満」が166社、「50億~100億円未満」が233社、「10億~50億円未満」が2250社となった。

業歴別に社数の分布をみると、「100年以上」は121社、「50~100年未満」が6278社、「30~50年未満」が6407社、「10~30年未満」が4054社となった。業歴30年以上の社数は全体の75.9%を占めている。

従業員数が判明した1万6817社をみると「1000人以上」は62社、「100~1000人未満」が1564社、「10~100人未満」が1万3623社、「1~10人未満」が1568 社だった。従業員数が100人未満の社数は全体の90.3%を占め、小規模事業者の割合が高い。

トラック運送事業者の経営実態調査、物流需要好調で6年連続増収…帝国データバンク

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  2. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

    道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  3. ~あたらしい訪問型ビジネス:2~美容サロンが育児ママを救う!

    ~あたらしい訪問型ビジネス:2~美容サロンが育児ママを救う!

  4. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  5. 朝ドラ「わろてんか」に“働き方改革”の原点を見出す

  6. 東京ミッドタウン日比谷が竣工、東京圏初の国家戦略特区

  7. ゼネコン大手26社/17年4~12月期決算/民需足場に14社が受注増

  8. 国交省が公共建築工事の標準仕様書を改定。4月1日から適用、資機材の環境配慮に重点

  9. 鶴岡市と三川町の新ごみ焼却施設、DBO方式に

  10. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

アクセスランキングをもっと見る

page top