オリジナルしょうゆ、業界最小100本から受注製造! ラベルデザインもOK/岐阜市の山川醸造 画像 オリジナルしょうゆ、業界最小100本から受注製造! ラベルデザインもOK/岐阜市の山川醸造

インバウンド・地域活性

 岐阜市の山川醸造は、農産物の魅力を生かしたオリジナルしょうゆを、要望に応じて受注製造する。100本(1本300ミリリットル)単位からの受注は、同社によると業界最小のロット。農家や直売所の6次産業化を後押しする取り組みで、注目されている。

 同社のプロジェクト「たまりやオーダーメイド100」は、しょうゆおけ一つ分に相当する30リットル、1本300ミリ入りの瓶であれば100本分から注文ができる。ラベルデザインも受け付けており、試作の費用は原則無料だ。

 2年ほど前から試験的に始めた。「オリジナルしょうゆは欲しいが、売れ残るのは困る」とする全国の農家や飲食店、JAなどから注文が寄せられた。これまでに「焼きナス用」や「橙(だいだい)ポン酢」など、自慢の農産物を引き立てる50種類以上が誕生。6月から本格的に取り組み始めた。色や味わいだけでなく、小麦粉を使わない「グルテンフリー」といった細かい注文にも対応する。

 同社の山川晃生社長は「大手メーカーだと最低でも5000本以上のロットが必要。ニッチな分野かもしれないが需要はある。」と話す。

オリジナルしょうゆ 業界最小100本から受注製造 ラベルデザインも 岐阜市・山川醸造

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

    阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

  2. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

    東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  3. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  4. 新宮下公園整備(東京都渋谷区)/商業施設やホテル、6月着工へ

  5. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  6. 愛知県豊川市、2工場撤退跡地活用で説明会開く/イオンモール進出、市は文化会館整備

  7. これはプレミアム!「本物の広島菜古漬け」再現/広島県の6駅で限定販売

  8. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  9. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  10. 沖縄徳洲会/湘南鎌倉総合医療センター建設/4棟延べ3.3万平米

アクセスランキングをもっと見る

page top