オリジナルしょうゆ、業界最小100本から受注製造! ラベルデザインもOK/岐阜市の山川醸造 画像 オリジナルしょうゆ、業界最小100本から受注製造! ラベルデザインもOK/岐阜市の山川醸造

インバウンド・地域活性

 岐阜市の山川醸造は、農産物の魅力を生かしたオリジナルしょうゆを、要望に応じて受注製造する。100本(1本300ミリリットル)単位からの受注は、同社によると業界最小のロット。農家や直売所の6次産業化を後押しする取り組みで、注目されている。

 同社のプロジェクト「たまりやオーダーメイド100」は、しょうゆおけ一つ分に相当する30リットル、1本300ミリ入りの瓶であれば100本分から注文ができる。ラベルデザインも受け付けており、試作の費用は原則無料だ。

 2年ほど前から試験的に始めた。「オリジナルしょうゆは欲しいが、売れ残るのは困る」とする全国の農家や飲食店、JAなどから注文が寄せられた。これまでに「焼きナス用」や「橙(だいだい)ポン酢」など、自慢の農産物を引き立てる50種類以上が誕生。6月から本格的に取り組み始めた。色や味わいだけでなく、小麦粉を使わない「グルテンフリー」といった細かい注文にも対応する。

 同社の山川晃生社長は「大手メーカーだと最低でも5000本以上のロットが必要。ニッチな分野かもしれないが需要はある。」と話す。

オリジナルしょうゆ 業界最小100本から受注製造 ラベルデザインも 岐阜市・山川醸造

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  3. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  4. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  5. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  6. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  7. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  8. JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

  9. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  10. 富裕層インバウンドの法則その5

アクセスランキングをもっと見る

page top