オリジナルしょうゆ、業界最小100本から受注製造! ラベルデザインもOK/岐阜市の山川醸造 画像 オリジナルしょうゆ、業界最小100本から受注製造! ラベルデザインもOK/岐阜市の山川醸造

インバウンド・地域活性

 岐阜市の山川醸造は、農産物の魅力を生かしたオリジナルしょうゆを、要望に応じて受注製造する。100本(1本300ミリリットル)単位からの受注は、同社によると業界最小のロット。農家や直売所の6次産業化を後押しする取り組みで、注目されている。

 同社のプロジェクト「たまりやオーダーメイド100」は、しょうゆおけ一つ分に相当する30リットル、1本300ミリ入りの瓶であれば100本分から注文ができる。ラベルデザインも受け付けており、試作の費用は原則無料だ。

 2年ほど前から試験的に始めた。「オリジナルしょうゆは欲しいが、売れ残るのは困る」とする全国の農家や飲食店、JAなどから注文が寄せられた。これまでに「焼きナス用」や「橙(だいだい)ポン酢」など、自慢の農産物を引き立てる50種類以上が誕生。6月から本格的に取り組み始めた。色や味わいだけでなく、小麦粉を使わない「グルテンフリー」といった細かい注文にも対応する。

 同社の山川晃生社長は「大手メーカーだと最低でも5000本以上のロットが必要。ニッチな分野かもしれないが需要はある。」と話す。

オリジナルしょうゆ 業界最小100本から受注製造 ラベルデザインも 岐阜市・山川醸造

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~UIターン、六次化、遊休農地削減……村を変えた道の駅

    ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~UIターン、六次化、遊休農地削減……村を変えた道の駅

  2. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  3. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  4. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  5. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  6. 横浜市/教育文化センター跡地活用/事業予定者に関東学院大学

  7. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  8. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  9. 東京23区で唯一大学のなかった墨田区、「i専門職大学」開学へ!

  10. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

アクセスランキングをもっと見る

page top