~HANJO女子~子育てを通して気付いた視点/YKKAP玉井絵理さん 画像 ~HANJO女子~子育てを通して気付いた視点/YKKAP玉井絵理さん

人材

 2008年に入社してからこれまで商品の企画に携わってきた。大学時代は建築学を専攻し、4年生の時に、街並みや工業化製品を研究するゼミに入った。それが入社のきっかけとなった。「建築物や街の風景を見る機会が多く。その時に窓は街並みを形成する上で重要なパーツだと気付いた」。自分も窓に関わる仕事がしたいと思い、入社を決意したという。
 入社後、配属されたのはアルミインテリア建材の企画業務。その後、玄関ドアなどの企画にも携わってきた。
 企画の仕事は、自分でコンセプトやアイデアを出すところから始まり、設計や技術部門との連携を密にして発売日までスケジュール通りに管理していく。
 企画が実際に商品となって発売されるまでにはさまざまな困難があり、苦労も少なくないが、「商品を使ったお客さまが喜んで下さる声を聞けた時には、大きなやりがいを感じる」と笑顔で話す。
 業界で初めて、ドアの表面に自由に壁紙を張ってコーディネートを楽しめるようにした「ファミット」の企画も担当した。この商品は子育てを通して気付いた視点から生まれた」と振り返る。
 子育てと仕事を両立させてきた。「これからも子どもの成長の中で気付いたことを企画に生かし、お客さまのニーズに応えられる商品を提供していきたい」と夢を語る。
 (ドア商品企画グループ、たまい・えり)

凜/YKKAP住宅商品企画部・玉井絵理さん/さまざまな気付きを商品に生かす

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 看護職の魅力伝える 看護師が高校で出前授業

    看護職の魅力伝える 看護師が高校で出前授業

  2. 2015年版、日本の労働生産性・全要素生産性にみる日本の中長期の課題

    2015年版、日本の労働生産性・全要素生産性にみる日本の中長期の課題

  3. ドラマ「コード・ブルー」が描く「仕事に対する哲学」に共感する

    ドラマ「コード・ブルー」が描く「仕事に対する哲学」に共感する

  4. 自民議連・石破茂会長「このままでは左官職人いなくなる」。就業者激減に危機感

  5. 【プロ人材と地方企業:3】異業種からの管理職採用は穴埋めにあらず

  6. 地方と企業の悩み交換、引き受けます

  7. 主要ゼネコンの入社3年以内の定着率、「満足」は・・・

  8. ゼネコンの新卒入社の離職率が改善、入社時のミスマッチ防止が奏功

  9. ゼネコン各社で女性の新卒採用拡大、17年春入社は18.4%に

  10. 「選ばれる病院」はこうしてつくられる!

アクセスランキングをもっと見る

page top